オウム~ペット保険加入前に知りたい情報~

オーストラレーシア/ア行
オウム
  • ファミリー向き
  • 体重 別途記載
  • 体長 別途記載
  • 平均寿命 別途記載
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • クラミジア感染症

  • ウイルス性羽毛疾患
  • そのう炎
  • 腸炎

性格

オウムの種類や個体差でも多少異なりますので、ここでは3種の性格をご紹介します。

●キバタン…白オウムの中でも最もポピュラーなオウムで人に懐きやすく、好奇心旺盛で遊ぶ事が好きな鳥です。寂しがりやな一面がありますので、コミュニケーションをとってストレスを溜めないようにしましょう。知能が高く、個体差もありますが言葉を覚えることも可能です。

●オカメインコ…オウムの中でも最小とされ、とても穏やかでおっとりとしています。少し臆病ではありますが甘えん坊ですので、飼い主に懐きやすいです。攻撃的なところもないので、初心者でも飼いやすい鳥とされています。

●モモイロインコ…人に懐きやすく、好奇心旺盛なので初対面の人でもスキンシップを取りたがります。簡単な言葉であれば覚えることも出来ます。

特徴
  • オウムはオウム目オウム科に属し、21種類存在しています。
  • キバタンの特徴は白い身体に黄色の冠羽と濃いグレーのくちばしと足をもっています。体長は約50㎝、体重が約800g、鳴き声は大き目で、朝夕に雄叫びを上げるので、防音対策が必須な鳥です。寿命が35~50年と非常に長いですので、飼育する際はその点もしっかり考えてから行うようにしましょう。
  • オカメインコの特徴はなんといっても、頭の冠羽とほっぺたにあたる部分にある、円形のオレンジ(赤)にあります。種類によってはないのですが、この頬紅を塗ったような見た目と穏やかな性格で人気が高いです。体長は30~40㎝、体重が約70g、呼び鳴きは大きいですが、あまりうるさくなく歌うように鳴く鳥です。寿命は15~20年と言われています。
  • モモイロインコの特徴はその見た目の愛らしさと、雄叫びを上げないところから、女性に人気の高い鳥です。体長は約35㎝、体重は約300g、鳴き声はオウム科に属しているので声量が大きいです。寿命は約40年と長いですので、飼育する際にはしっかり検討するようにしましょう。
  • キバタンはインコ・オウム専用フードを食べますが、野菜や果物も与えてあげるとよいでしょう。日光浴は不可欠ですので、直射日光をさけて行いましょう。
  • オカメインコはインコ用のフードを食べますが、基本的にはいつでも食べられるように、多めに入れる用意しましょう。粟・ヒエや小松菜や豆苗といった青菜も食べます。食べ残したものは捨てて、毎日新しい物を与えるようにしましょう。
  • モモイロインコはインコ・オウム専用フードを食べますが、粟、ヒエや青菜や野菜も食べます。オーストラリアの乾燥した地域で生活している鳥なので、栄養を体内に蓄える傾向があり、運動不足になると肥満になりやすいため、カロリーの高いひまわりの種といったシード系は減らすようにしましょう。
日本アニマル倶楽部株式会社

オウムに関するアイテムを探す