モルモット~ペット保険加入前に知りたい情報~

南米/マ行
モルモット
  • 一人暮らし向き
    ファミリー向き
  • 穏やかでおとなしい
    警戒心が強く神経質
  • 体重 700g~1.5kg
  • 体長 20~35㎝
  • 平均寿命 5~8歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 尿石症

  • 毛球症
  • 皮膚疾患
  • 不正咬合

性格

モルモットの種類や個体差でも多少異なりますが、穏やかで優しい性格をしています。おとなしいので噛んだり暴れることは少ないです。

警戒心が強く臆病で神経質な面もあり、ストレスや環境の変化から体調を崩す個体もいますが、慣れると好奇心旺盛に室内を散策したり、イタズラしたりするようになる個体もいます。

飼い主に懐くと触れあったり遊んだりすることが好きな甘えん坊になる個体もいます。人によく慣れ、子供でも扱いやすいことから、動物園などでもよくモルモットのふれあいコーナーが設けられています。

嬉しい時には喉を鳴らして喜んだり、嫌な時や怒っている時にも感情をしっかり表現することが出来ます。自分の名前も覚えることが出来、呼ぶと振り向いたりトコトコ歩いて寄ってきたりと、飼育していて楽しい小動物の一種です。

特徴
  • モルモットは足が短くて尾がなく、ずんぐりとしたかわいらしい体形をしています。大きな頭にくりっとしたかわいい目をしており愛嬌があります。
  • 夜行性ではありますが、捕食されないよう身を守るために、ほとんど熟睡しないと言われています。中には寝ている時でも目を開けた状態の個体もおり、警戒心の強さや用心深さを感じます。
  • うさぎ同様げっ歯類なので本能的に何かをかじる習性があります。室内で自由に遊ばせる時は、電気コードをかじって感電することがないよう、十分注意しましょう。
  • モルモットは集団で群れを作り生活している動物ですので、仲間同士で顔を近づけコミュニケーションをとりながら生活することが可能です。
  • 草食動物で、人間同様モルモットは体内でビタミンCを生成することが出来ません。そのため、動物実験で多く使用されています。食事はパセリやブロッコリーなどビタミンCを多く含む野菜を用意するなど、栄養のバランスのよい食事を心がけるようにしましょう。たまねぎ・にら・ねぎ・ニンニク・ジャガイモなど与えてはいけない野菜があることもしっかり把握することが必要です。水を飲むことが好きなので、給水ボトルも用意してあげることをオススメします。
  • モルモットは日本の高温多湿の気候が苦手です。室温が30℃を超えると命にかかわってきます。1年を通して室温は20~26℃で保つようにしましょう。場合に応じて、冷却グッズなどを用意してあげましょう。また、冬の寒さにも注意が必要で、室温10℃くらいがモルモットが耐えられる限界温度といわれていますので、寒さ対策も忘れずに行うようにしましょう。
  • モルモットはトイレなどのしつけが出来る動物ではありません。しかし、自分の名前を覚えて飼い主の声に反応したり、ごはんの支度の音を覚えて催促することが出来る個体はいます。
  • 被毛が美しく、 鳴き声もほとんどせず、狭いスペースで飼育することができ、その飼いやすさから特に女性の間で人気の高いペットなっています。
  • モルモットの種類としましては、イングリッシュモルモット、アビシニアンモルモット、クレステッドモルモット、ペルビアンモルモット、テディモルモット、スキニーモルモットなどがいます。
日本アニマル倶楽部株式会社

モルモットに関するアイテムを探す