チワワ~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/メキシコ/タ行
チワワ
  • 1人暮らし向き
    カップル向き
  • 活動的勇敢
    マイペース
  • 体重 ~3kg
  • 体高 ~23㎝
  • 平均寿命 14~18歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
性格

勇敢であり、侵入者に対して敏感に反応し、飼い主以外の人とは一線を引く用心深さがあります。

自立心が強いので、一人で過ごす時間を苦痛に感じません。その為、留守番も平気で出来、家を空けることが多い人にはその辺の心配がありません。

体が小さく、活動的な犬種なので、室内を動いてるだけでも1日に必要な運動量は十分取れます。

猫に似た部分を持ち合わせており、自分のペースを乱すものを嫌がります。 その為、時に飼い主であろうと、露骨に嫌な表情をしたり、機嫌が悪いと噛みついてきたりします。

幼犬の頃にかわいさが勝ち甘やかしてしまうと、攻撃的な性格になりやすいので、注意が必要です。

一方で、チワワは自分を守ってくれる飼い主には非常に忠実になります。飼い主がリーダーとして頼りがいのある部分を示し、安心感を与えてあげることが大切です。

特徴
  • チワワは手足が細いわりにがっしりとした体形をしています。体調は体高より少し長く、頭蓋事はアップルヘッドが美しいとされています。
  • チワワは上品でプライドも高いので、しつけに関しては、気を遣います。厳しくしつけようとすると、いじめられると思い、逆切れします。頑固な面もあるため、訓練犬としては不向きな犬種と言えます。
  • しつける際に、頭を叩くのも、頭蓋骨のアップルヘッドの形状かわも分かるように、多くが頭蓋骨が開いている為、叩くことによって脳障害や意識障害の原因になりかねませんので、止めてください。チワワをしつける場合は、褒めて伸ばす方法が有効です。気長に接することで関係性も築いていきましょう。
  • 活発な犬種ですので、室内で走ってるだけでも、運動量としては十分です。しかし、社会性を身に着けるために散歩は行ってください。散歩によって精神的な落ち着きが身に付きます。
  • もともとは社会性が強くないので、臆病からくる防衛心から無駄吠えが多くなりがちです。大きな犬に果敢に挑む勇敢過ぎる部分もありますので、ドッグランでは目を離さないでください。
  • 幼犬の頃から外には積極的に出歩くようにし、他の犬と触れ合わせるなどで社会性を身に着けましょう。
  • チワワは寒さに弱いので、冬に散歩に出かけるときは、衣類をなどで防寒対策を行ってあげる工夫が必要です。夏の暑さも得意ではないので、外出する際は温度管理に十分注意してください。温かいところにいたがるので、屋外で飼える犬種ではあえません。
  • チワワの毛のお手入れは、こまめにブラッシングでとかしましょう。肛門絞りが苦手な方は1か月に1回程度はトリミングサロンに行って、行うようにしましょう。

チワワに関するアイテムを探す