ミニチュア・プードル~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/フランス/マ行
ミニチュア・プードル
  • カップル向き
    ファミリー向き
    初心者向き
  • 活発で遊び好き
    聡明で理解力がある
  • 体重 ~8kg
  • 体高 28㎝~38㎝
  • 平均寿命 13~15歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • クッシング症候群

  • 骨折
  • 関節炎
  • 外耳炎

性格

ミニチュア・プードルは活発で遊び好き、感受性が強く、興奮しやすいタイプで飼い主を喜ばせようと一生懸命努力する従順な犬種です。聡明で指示に対しての反応がよく、猟犬や軍用犬、盲導犬など様々な仕事で活躍し、理解力もあるので、しつけは非常にしやすいです。

家族に対して愛情深く、友好的な一面があるので子供や他のペットに対しても上手に接することが出来ます。

神経質な一面もあるので、無駄吠えしやすい個体もいますので、しつけを飼育環境においては無駄吠えに対するしつけをしっかりと行う必要があります。

プードルは小さくなるにつれ、扱いが難しくなるといわれており、ミニチュア・プードルはプードル(スタンダード・プードル)より甘えん坊で神経質ではありますが、トイ・プードルと比べるとそれほどではないと言われています。

特徴
  • ミニチュア・プードルは16世紀のフランスで上級階級の夫人たちを中心に人気を博し、プードル(スタンダード・プードル)の小型化として誕生しました。1949年にブラックの毛色の3頭のミニチュアプードルが初めてアメリカから日本へ輸入されてきました。
  • プードル(スタンダード・プードル)同様、くるくるっとした豊富な被毛を持っています。この被毛は伸び続けるので絡まりを防止するためにも週に2~3回程度、定期的なブラッシングを行うようにしましょう。他の犬種と異なり、被毛が抜けると、その毛が他の毛に絡まって束になるので、1か月に一度被毛を刈り込むと、その後の手入れが楽になります。プードル独特のトリミングを行う場合は、ある程度の長さが必要ですので、毛が絡まらないように伸ばしておかなければなりません。
  • 優雅で美しい容姿をしていますが、もともとは猟犬だったので、体力があります。好奇心も強いので毎日知的な遊びを取り入れながら、肉体的にも運動をたくさん行うようにしましょう。泳げる環境にあるのであれば、水泳を好む傾向にあるので、可能であれば泳がせてあげましょう。運動が不足すると欲求不満で室内やケージ内を荒らし、いたずらをしてしまうこともありますので、運動の時間は十分に確保しましょう。
  • 賢い犬種ですので、しっかりとしたしつけや訓練を行わずにいると、飼い主や家族を自分よりも下に思う場合があるので、小型犬であってもしっかりとしつけや訓練を行う必要があります。また、無駄吠えしやすいので、マンション等の集合住宅で飼育する際も、無駄吠えに対してのしつけが必要になります。物覚えが良く、理解力もあるので気長に褒めて伸ばしていきましょう。
  • 小型犬ではありますが、運動神経がよくサークルなどで囲うだけでは飛び越えてしまいますので、ゲージは屋根のあるタイプを利用しましょう。
  • 寒さに弱いので室内で飼育し、温度管理に気を配りましょう。
  • ミニチュアプードルは体臭や抜け毛の少なさや、しつけもしやすい事から初心者も飼いやすい犬種です。

ミニチュア・プードルに関するアイテムを探す