コーイケルホンディエ~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/オランダ/カ行
コーイケルホンディエ
  • ファミリー向き
    カップル向き
    初心者向き
  • 穏やかでやさしい性格
    明るく愛情深い
  • 体重 9~11kg
  • 体高 35~41cm
  • 平均寿命 12~14歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • セロイド・リポフスチン脳症

  • フォン・ヴィレブランド病
  • 遺伝性壊死脊髄障害
  • 眼病
  • 関節疾患

性格

好奇心旺盛でいろいろなことに興味を持ちます。明るく活発で、一緒にいると楽しい犬種です。穏やかでやさしい性格なので攻撃的なところはありません。

やさしい性格から、家族に対しては愛情深く、とても大切に考えてくれています。もちろん飼い主にはとても従順です。また、同居する他のペットや子どもとも仲良くすることができます。

飼い犬としては共に過ごしやすい性格を持つ犬種ですが、寂しがり屋なところがあるので留守番が少し苦手です。きちんとコミュニケーションを取り、信頼関係を築いていればある程度の時間の留守番も任せることは可能です。

特徴
  • オランダで誕生したコーイケルホンディエは、16世紀頃から鴨猟をする鳥猟犬として活躍していました。オランダを代表する画家、中世絵画にも描かれています。
    その後戦争を経験し、戦後には25頭まで減ってしまい絶滅の危機にさらされましたが、愛好家たちの手によって繁殖がされてきましたが、それでも頭数は少なく希少な存在となっています。
  • 被毛は白地に赤のまだら模様であるのが特徴的です。この被毛が完成状態になるまでには、およそ2年の月日が必要と言われています。耳、お腹、尻尾にあるふわふわの飾り毛がかわいらしいです。
    この被毛は毎日ブラッシングすることで美しい毛並みを維持することができます。特に飾り毛の部分はコームを使用すると良いでしょう。
  • 鳥猟犬ですので、飼い主との主従関係を覚えさせることが必要です。賢いので、しつけ訓練を身に付けるのは早いですが、子犬のうちはやんちゃなので少々手がかかりますが、根気強くやることが大切です。
    また、ゲームなどを取り入れながら覚えさせると楽しくしつけることができます。しつけの際には叱るようなことはせず、指示をクリアすることができたら褒めてご褒美をあげるのが好ましいです。
  • 家族のことが大好きでコミュニケーションを取ることが好きなので、室内で飼育するのが好ましいです。しかし、鳥猟犬でしたので体力があり、1日2回1時間以上の散歩が必要になります。散歩以外でも休日にドッグランへ行くのもおすすめです。
  • 絶滅寸前の状態から繁殖を繰り返してきたこともあり、遺伝疾患を起こしやすいと言われています。セロイド・リポフスチン脳症、フォン・ヴィレブランド病、遺伝性壊死脊髄障害を引き起こす可能性は高いです。特にフォン・ヴィレブランド病はケガをした際などに出血が止まらなくなるので、家族として迎える前に遺伝子検査の確認をすると良いでしょう。

コーイケルホンディエに関するアイテムを探す