日本スピッツ~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/日本/ナ行
日本スピッツ
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • やさしく
    思いやりがあり
    愛情深い
  • 体重 ~11kg
  • 体高 ~38cm
  • 平均寿命 10~16歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 関節疾患

  • 脱臼
  • 皮膚疾患

性格

活発で遊ぶことが大好き、好奇心が旺盛です。しかし、警戒心がとても強く、人見知りも激しいことから無駄吠えが多いと言われています。

飼い主のことを信頼すると安心感からかとても甘えてきます。また、やさしい心を持っており、思いやりも理解しているので、コミュニケーションをしっかりと取り、信頼関係を築くことで良い関係を続けることができます。 また、無駄吠えが多いとされていたのはこの信頼関係をきちんと築けていなかったことが影響しているとも言われています。過ごしやすい環境で、愛情深く接してあげることで無駄吠えを防ぐことができます。

精神的な満足が必要であるので、寂しがり屋なところがあるとも言えるでしょう。

特徴
  • 1920年頃に日本国内に入ってきた犬が日本スピッツの祖先と言われています。1930年頃になると他国から洋犬の輸入が始まり、この頃から繁殖が始まりました。外見の特徴から見ると、ジャーマン・スピッツやイタリアン・スピッツの遺伝が強いと推測されます。大戦により日本スピッツが減少していきましたが、愛好家の手によって飼育や繁殖が続けられ、高度成長期の頃にはその人気は一気に高まりました。しかし、この人気によって乱繁殖等が行われ、きちんとしたしつけ等の知識がない状態から「日本スピッツは無駄吠えが多くうるさい犬」と言われるようになってしまったのです。愛好家たちは諦めることなく、きちんと日本スピッツの性質やしつけに関する知識を深めていき、現在では無駄吠えが少なく穏やかな性格の日本スピッツが増えています。
  • 体高よりも体長がやや長く、全身が真っ白な長い被毛で覆われています。アーモンド形のくりくりの目が特徴的です。小型犬の中では少し大きめの印象があります。
  • 活発で遊ぶことが大好きなので、十分に運動をさせることが必要です。しっかりと運動をさせることで精神的にも安定します。散歩は1日2回以上、30~40分程度行い、時間のある際はドッグラン等へ連れ出し、走ったりボール遊びをするととても喜びます。
  • 落ち着いて過ごすことができないことにストレスを感じて無駄吠え等を引き起こすことがあるので、環境を整えることが大切です。また、環境に適応する能力を養うためにも、外へ連れ出しいろいろな経験をさせてあげることが大切です。
  • 長く白い被毛が特徴的ですが、抜け毛が多いので、ブラッシングが必要になります。週に3~4回はシャンプーをしてあげるなどのお手入れが必要になります。
  • 手足が短いことから関節疾患、脱臼等を起こすことが多い犬種です。日常的に運動をさせることで筋肉を付けるようにしてあげること、高いところから飛び降りることなどを避けるよう注意してください。また、長い被毛の影響から皮膚疾患を起こしやすいので、被毛のお手入れはしっかりと行いましょう。

日本スピッツに関するアイテムを探す