フレンチ・ブルドッグ~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/フランス/ハ行
フレンチ・ブルドッグ
  • ファミリー向き
    シニア向き
  • 穏やかで思慮深い
    賢くて人間ぽい
  • 体重 ~14kg
  • 体高 ~30㎝
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 口蓋裂

  • 鼻腔狹窄
  • 股関節形成不全
  • 膝蓋骨脱臼
  • 眼瞼内反症
  • 角膜損傷
  • 尾椎の皮膚炎
  • チェリーアイ
  • 血友病
  • 変形性脊椎症

性格

フレンチブルドッグは行動やしぐさがどこかおどけて見えるため、人々を楽しませてくれます。

遊ぶことも好きですが普段は穏やかで思慮深く、無駄吠えや走り回って活発に動くことはあまりありません。その為、都会での暮らしになじみやすいです。

愛情深く、家族を喜ばせることが好きで、飼い主に抱っこされたり、添い寝をすることに幸福感を得ています。

他の犬とも友好関係が築ける、平和主義の犬種です。

ブルドッグの血を引いてるので、時折頑固さを発揮したり、キレるとみ栄えなく噛むわんちゃんもいるようです。 個体によって性格が大きくかわるので、飼う際は両親の性格を確認しておくことをオススメします。

特徴
  • フレンチブルドッグは、潰れた鼻と大きな「バット・イヤー」と呼ばれる耳が特徴です。
  • いびきをかいたり、ゼーゼーと音を立てて息をしたり、よだれをたらすことも多いです。
  • 筋肉質の頑丈な体型ですが、鼻がつぶれていて気道が短く、口蓋垂も長く垂れ下がっているので、少し運動しただけで呼吸が荒くなります。
  • 散歩は夏は涼しく、冬は暖かい時間に1日最低1回30分程度行いたいところです。遊びが好きなので、屋外で元気に走り回りもますが、暑かったり湿気が多いと調子が悪くなってしまいます。
  • 体にこもった熱の発散もうまくできない体質もあり、簡単に体温が高くなり、熱中症で死んでしまうこともあるため、夏場の温度管理は、特に注意を払ってあげることが必要です。
  • 人の話をある程度近い出来る賢さがあるので、話しかけると首を傾け理解しようと聞き入り、反応も的確なので付き合いが長くなるにつれて、人間に近い存在になり。その為、叱るときもじっくり話をして教えたたり、飼い主がひどく落胆している様子をみせるとい効果的といえます。
  • 短毛で抜毛もありますが、体臭はほとんどありません。ただ、よだれとしわの多い犬種なので、汚れがたまると悪臭の原因となりますので、蒸したタオルで体や顔を拭いてあげましょう。
  • 太りやすい犬種ですので、体重管理に配慮した栄養バランスのよい食事を心がけるとよいでしょう。

フレンチ・ブルドッグに関するアイテムを探す