イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/イギリス/ア行
イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)
  • シニア向き
    ファミリー向き
  • 穏やかでおとなしい
    自由きままで甘えん坊
  • 体重 ~6kg
  • 体高 ~28㎝
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 膝蓋骨脱臼

  • 動脈管開存症
  • 呼吸器疾患

性格

イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)は穏やかでおとなしく、家庭内において行儀よく過ごすことが出来る犬種です。自由きままに過ごすことを好み、猫に似ている部分もありますが、飼い主に対して愛情深く、甘えん坊な一面を持っています。

見知らぬ人には距離を置き、少々頑固ではありますが、飼い主家族とはうまくコミュニケーションを図ることができ、家庭犬として理想的といえます。

特徴
  • イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)はかつて宮廷の上流階級の人々に親しまれ、17世紀のチャールズ2世か溺愛したことから、イギリスでは「キング・チャールズ・スパニエル」と呼ばれています。
  • 19世紀、パグや狆がヨーロッパへ輸入されると、鼻の短い犬種が人気となり、交配がなされたことによってイングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)の鼻が短くなりました。さらに小型化が進み、小さくて円形の綺麗な頭、大きな瞳を兼ね備えることとなりました。
  • 「イングリッシュ・トイ・スパニエル」と正式に呼ばれるようになったのはアメリカに渡ってからになります。
  • かつては全てブラック・アンド・タンの毛色でしたが、交配によって赤毛斑のスパニエルが誕生したことにより、現在ではブラック・タン、プリンス・チャールズ、ブレンハイム、ルビーの4つが存在しています。この被毛は毛量が多く、柔らかくてふわっとしており、絹のように美しいです。この美しさを保つためにも、被毛のお手入れは週に2回程度コーミングを行うようにしましょう。
  • イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)の運動量はあまり多くを必要としていません。軽めの散歩をしたり、室内などでゲームをしながら、スキンシップを取るようにしましょう。
  • 被毛の量も多く、短鼻種ですので、夏の暑さには弱いです。屋外での飼育は避け、室内飼育を行うようにしましょう。

イングリッシュ・トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)に関するアイテムを探す