ウェルシュ・コーギー・カーディガン~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/イギリス/ア行
ウェルシュ・コーギー・カーディガン
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • 明るく活発
    好奇心が旺盛
  • 体重 11~17kg
  • 体高 26~32cm
  • 平均寿命 12~15歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 椎間板ヘルニア

  • 変性性脊髄症
  • 網膜剥離
  • 緑内障
  • 尿道結石

性格

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークに似ていますが別の犬種です。明るく活発でやんちゃ、好奇心に溢れているので何にでも夢中になります。しかし夢中になっている状態を無視し続けると冷静さを取り戻すことができます。温度差が激しく感じますが、きちんと冷静になれる賢さもあります。

元々牧畜犬であったこともあり、賢いです。特に周りのこと、飼い主のことをよく見ています。飼い主から指示を出されることがあるので、きちんと飼い主のことを見て行動を起こすことができますが、牛を追いかけて集めるという仕事をしていたことから大きな声で吠えることがあります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークと比べると落ち着いていると言えます。

特徴
  • ウェルシュ・コーギーには「カーディガン」と「ペンプローク」の2つの犬種があります。
    ウェルシュ・コーギー・カーディガンは牧畜犬として働いてきた歴史があります。ペンプロークが生まれてすぐに断尾されるのに対し、カーディガンは断尾されることなく、尾があります。
  • ペンプロークと比べるとカーディガンは体が大きく、筋肉質でがっちりとしています。また、とても活発で体力があるので、たくさん動き回ります。
    基本的には友好的で仲良くすることができますが、運動不足やコミュニケーション不足が原因となりストレスを感じ攻撃的になってしまうことがあります。気持ち良く過ごすためにも、子犬の頃からきちんとしつけをし、毎日満足に運動をさせることが必要です。
  • 牧畜犬の名残から「足を噛む」という特性があります。特に人の足が気になるのか、人の足を噛んでしまうようなことがあります。ストレスが溜まっている時等にこういった行動が多くなってしまうので注意が必要です。
  • ウェルシュ・コーギー・カーディガンの被毛は短いですが、ダブルコートなので下毛がしっかりとしています。そのため、特に換毛期には抜け毛が多くなるので週3回程度のブラッシングが大切です。
  • ウェルシュ・コーギー・カーディガンは足が短く、胴が長いことから椎間板ヘルニアに注意が必要です。また、変性性脊髄症も引き起こしやすいと言われています。どちらの病も歩き方に変化が現れるのが特徴的ですので、いつもと歩き方に異変を感じたらすぐに動物病院を受診するようにしてください。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンに関するアイテムを探す