オーストラリアン・シルキー・テリア~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/オーストラリア/ア行
オーストラリアン・シルキー・テリア
  • ファミリー向き
    カップル向き
    一人暮らし向き
  • いたずら好き
    しつけ次第で従順
  • 体重 ~5kg
  • 体高 ~23.5cm
  • 平均寿命 12~15歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 気管虚脱

  • 椎間板疾患
  • 肘関節形成不全
  • 外耳炎

性格

オーストラリアン・シルキー・テリアは飼い主に対して愛情深く接します。しかし、いたずら好きなところがあるので、飼い主を少々困らせるようなことも…。しつけは比較的問題なく行える犬種ですので、予めきちんとしつけをしておくことで、従順な家庭犬となります。そのため、一人暮らしでも飼育がしやすい犬種と言われています。

テリア種ですので、狩猟本能を持ち合わせています。動くもの、小動物などには特に興味を示し、追いかけたりして興奮状態になることもあります。
少々攻撃的なところがあり、見知らぬ相手には警戒心を示します。

特徴
  • オーストラリアン・シルキー・テリアは19世紀後期にヨークシャーテリアとオーストラリアンテリア、そして絶滅してしまったクライズデールテリアの3つの犬種の掛け合わせによって誕生した犬種です。
    元々は農家を荒らすネズミを捕らえる作業犬として活躍していました。性格が凶暴であるとされ、扱いにくい犬種と考えられ人気が下降しましたが、その後品種改良を重ねられ、おだやかな性格となりました。
  • ヨークシャーテリアの血を引いており、見た目はヨークシャーテリアにとても似ていますが、ヨークシャーテリアと比べるとサイズが少し大きく、被毛が少々短いのが特徴です。
  • 被毛はシングルコートで、シルクのように美しく、柔らかい毛です。抜け毛は多くはありませんが、長毛ですので絡みやすいので、毎日きちんとブラッシングを行う必要があります。また、美しい質感を保つためには定期的なシャンプーが必要です。
  • 気が強いところがあり、合わない相手に対しては攻撃的になりやすいです。そのため、散歩の際に他の犬に接近することないよう、しっかりとリードを握っておきましょう。
    小型犬ですので、散歩の時間を長く持つ必要はありませんが、運動不足はストレスとなってしまいますので、散歩以外に室内で遊ぶことができるようにしておくのが理想的です。
  • テリア気質で興奮しやすく攻撃的になることがあります。そのため、しつけがやや難しく初心者の方にはおすすめすることができません。
    しつけをスムーズに行うためにも子犬の頃から主従関係をきちんと理解させ、甘やかすことなく一貫した姿勢でしつけに取り組むことが大切です。特に無駄吠えが多い犬種ですので、無駄吠えを抑えるしつけをすることが重要です。
  • 気管虚脱、椎間板疾患、肘関節形成不全、外耳炎と言った疾患がよく見られます。
    気管虚脱は一度症状が治まっても再発をする可能性が高い病気です。肥満状態にならないよう、日々の生活習慣に十分注意し、異変を感じた際には早くに動物病院を受診するようにしてください。

オーストラリアン・シルキー・テリアに関するアイテムを探す