アーフェンピンシャー~ペット保険加入前に知りたい情報~

小型犬/ドイツ/ア行
アーフェンピンシャー
  • ファミリー向け
    一人暮らし向け
  • 好奇心旺盛で活発
    警戒心は強いが
    甘えん坊
  • 体重 ~6kg
  • 体高 ~30㎝
  • 平均寿命 12~14歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
性格

「モンキー・テリア」と呼ばれるほど、サルに似た顔を持つアーフェンピンシャーは探究心旺盛で忙しく動き回ったり遊んだりとそのやんちゃな面もまるでサルのようです。

テリアの頑固な気質もしっかりと持ち合わせています。他のテリア種と異なる点というと他のペットと比較的仲良く付き合うことが出来るところです。

サービル精神が旺盛で飼い主によく懐き甘えん坊で、忍耐強さもあるので家族とも仲良く生活してけます。

恐れ知らずの大胆さを持っており、見知らぬ人には警戒心を示し、敵と判断した相手に対して激しく吠えたて、猛然と立ち向かいます。番犬にも適していおり、まじめなところがある反面、間の抜けたところもあり、愛すべき犬種といえます。

特徴
  • 17世紀には生存していたと記録されているほど歴史の古いアーフェンピンシャーではネズミを家から追い払うために重宝された犬種でした。
  • ドイツ語で「猿顔のテリア」という意味をもつアーフェンピンシャーはモンキーテリア、ブラックデビルという別名も持っており、一目見れば忘れにくい顔つきをしています。
  • テリアを作業犬として小型化したアーフェンピンシャーはネズミを追いかけるタフさを備えており、体型も頑丈な骨格を持っています。活動的ではありますが冷静沈着で自信に満ち溢れてた印象も与える犬種です。
  • よく動き回る犬種ではありますが、室内で飼育されていたので、同じように室内で一緒に遊んだり、1日30分程度の散歩を行う程度で運動は十分とされています。ただ、何かを追いかけることが好きなため、時間が確保できた休日などには広い場所でフリスビーやボールなどを使って一緒に遊んであげると喜びます。寂しがり屋の一面もあるのでスキンシップが不足すると、ストレスで噛みくといった問題行動を起こす場合があります。
  • テリアの中では比較的闘争心は少ないですが、頑固な一面があるので根気よくしつける必要があります。賢いので幼犬の頃から、きちんと主従関係を教え、服従訓練を徹底的に行うとよいでしょう。
  • 被毛は3㎝と短毛で、けばだった艶のない針金状の剛毛を全身にまとっています。その被毛のお手入れは一週間に2~3回程度のブラッシングと3か月に1度のトリミングが必要です。

アーフェンピンシャーに関するアイテムを探す