四国犬~ペット保険加入前に知りたい情報~

中型犬/日本/サ行
四国犬
  • ファミリー向き
  • 飼い主に忠実
    勇敢で忍耐力が強い
  • 体重 ~30kg
  • 体高 55cm
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • アレルギー疾患

  • 神経痛
  • 老年性痴呆症

性格

飼い主には心を許し、とても忠実で従順な性格です。半面家族以外の人間に対しては少々不愛想と感じても仕方ないところがあります。しかし、これは警戒心でもあります。警戒心が強いので、見知らぬ相手、不審者に対して攻撃的になります。そのため番犬としてふさわしい犬種です。
忍耐力が強いので、飼い主が自宅にいない時にも家を守ることができます。勇敢で興奮して取り乱すことはなく、冷静に判断をすることができる賢さがあります。
去勢をしていないオスは他の動物との折り合いが合わないことが多いとされています。

特徴
  • 四国の山奥にて猟犬として活躍した日本の土着犬である四国犬は、元々高知の犬であったため「土佐犬」という名前で呼ばれていました。しかし、違う犬種となる「土佐健闘」と名前が混同されがちなところから「四国犬」という名前へ変更されました。
    今でこそ四国犬と呼ばれて親しまれていますが、阿波・本川・幡多・安芸・宇和島などの系統によって個性がありました。時の流れと共に、系統が衰退したり、混血したことから、本川・幡多・安芸の3つの系統が残ることとなりました。
  • 引き締まった筋肉質な身体と釣りあがった目じり、三角に立つ耳、巻きあがったような尻尾が特徴的です。体力があり、持久力がとてもあります。
  • ダブルコートの被毛は短く硬めの上毛と、柔らかく綿のような下毛からなっています。短い被毛ですが、ダブルコートのため抜け毛が多いので、週3回程はブラッシングを行う必要があります。
  • 猟犬としては現役でもありますので、運動量が多く必要となります。毎日の散歩は1日2回、1時間以上の散歩を行うように心掛けましょう。また、運動量が必要なことからドッグランへ連れ出すことを考えたりしますが、狩猟本能がとても強いので、他の犬のいるようなドッグランへ行くことはおすすめできません。
  • 物覚えがよく賢いのでしつけはしやすいのですが、気の強さがあることから、初心者向きではない犬種です。
    主人の命令には従いますが、主人以外の人間の命令を聞くことはありません。そのため、子犬のうちからきちんと主従関係を理解させ、社会性も身に付けさせる必要があります。
    とても賢い犬種で主人の指示にはきちんと従いますが、信頼関係が築けていなく、コントロールできないようなことになると咬傷事故を起こしてしまうこともありますので、如何なる場合でもオフリードにすることがないように注意が必要です。
  • アレルギー疾患を起こしやすく、特にアレルギー性皮膚炎の発症が多いです。お肌があまり強くないので、こまめなブラッシングで予防をしましょう。
    その他、神経痛や老年性痴呆症の発症が多くみられます。少しでもいつもと違う様子がみられた際には動物病院を受診するようにしましょう。

四国犬に関するアイテムを探す