シェットランド・シープドッグ~ペット保険加入前に知りたい情報~

中型犬/イギリス(シェットランド諸島)/サ行
シェットランド・シープドッグ
  • ファミリー向き
    カップル向き
    シニア向き
  • 心やさしく
    いつも明るく聡明
  • 体重 ~12kg
  • 体高 ~41㎝
  • 平均寿命 12~13歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 甲状腺機能低下症

  • 眼疾患
  • てんかん
  • 股関節形成不全
  • 関節疾患

性格

スコットランドのシェットランド諸島で牧羊犬として育った経緯があるため、過酷な労働にも強く耐え抜く辛抱強さを持っています。芯があり、的確に状況判断をすることができるので、一緒に暮らす家族の行動もしっかり見て行動をすることができます。そんなところから理想的ともいえる家庭犬です。

やさしい性格なので攻撃的なところはありません。いつでも明るく聡明で魅力的です。しかし、牧羊犬であったこともあり、運動をしっかりしないとストレスを溜めてしまう傾向にあります。毎日きちんと、そしてしっかりとした運動、散歩時間を確保してあげることが大切です。

飼い主に対してはとても従順なところがありますので、しつけをすることで優秀なわんちゃんに成長します。牧羊犬気質の名残があるので、警戒心が強く番犬としてもその才能を見せてくれます。

他のわんちゃんに対しても友好的に接することができるので、ドッグラン等へ連れ出しても心配することはありません。また、家族思いなので子どもと遊ぶことも楽しんでくれます。

特徴
  • 被毛が長いのであまり目立ちませんが、筋肉質な体質です。小型のコリーに似ているのですが、大きくしたところでラフ・コリーになるわけではありません。被毛がしっかりしていますが、オスのほうが毛量が多いです。
  • シェットランド・シープドッグの被毛の色は豊富です。基本的な色は茶色ですが、黒や灰色に近いブルー、白や薄い茶色も組み合わされています。茶色と白の組み合わせの中に、ブルーの遺伝子を持っている犬種がいますが、奇形や遺伝疾患が起こることが多く、公認はされていません。
  • シェットランド・シープドッグは遺伝疾患を発症するケースが多いです。その中でも角膜ジストロフィーが起きやすいと言われています。眼球の黒目の部分に白いモヤがかかっているような感じです。
  • 白内障のように失明をするようなことはないと言われていますが、いつもと違うようなところがあったらすぐに動物病院を受診するようにしてください。また、甲状腺機能の低下が起こりやすい犬種でもあります。甲状腺機能の低下が起こると元気がなくなってしまったり、太ってきたり、睡眠も長く時間を取るようになったり、脱毛が起こるようになったりというような特徴があります。

シェットランド・シープドッグに関するアイテムを探す