カレリアン・ベア・ドッグ~ペット保険加入前に知りたい情報~

中型犬/フィンランド/カ行
カレリアン・ベア・ドッグ
  • カップル向き
    ファミリー向き
  • 非常に勇敢で自信家
    強靭な精神力を持つ
  • 体重 ~28kg
  • 体高 ~60㎝
  • 平均寿命 11~13歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 関節系疾患

  • 皮膚疾患

性格

カレリアン・ベア・ドッグは非常に勇気があり、プライドが高く、自信にみ満ち溢れています。どんな獣に対しても恐れない強靭な精神力で立ち向かう攻撃的な一面もありますが、飼い主に忠実で、飼い主家族に対しても友好的ではありますが、見知らぬ人や犬に対しては警戒心が非常に強く、防衛本能から攻撃的な態度に出ることもあります。

力強い猟犬種であることから、しっかりとした服従訓練を行う必要があります。リーダーとして認めた者にしか服従しませんので、初心者が飼育するのは難しい犬種と言えます。

特徴
  • カレリアン・ベア・ドッグの起源は定かではなく、おそらく新石器時代からフィンランド南部から都市アの北西部に位置するカレリア地方において生息していたものと言われています。当初オオジカ狩り用として改良されてきましたが、大きくなるにつれ熊などの猛獣狩りにも同行させるために、フィンランドの愛好家によってさらなる改良が行われました。1936年から計画的に繁殖が開始され、1946年にスタンダードが公認されています。
  • 現在、フィンランドでは国宝に指定されている犬種ではありますが、熊の臭いを感知すると、追跡をはじめ見つけると激しく吠えて立ち向かっていくため、アメリカの国立公園では熊の頭数制限に一役かっています。
  • 中型犬ではありますが、骨格や筋肉が発達しており頑丈です。尻尾は巻き上がっており、鼻は大き目です。もともと毛色のバリエーションがかなりありましたが、雪山や夜間なででもしっかりと見分けられるように、白と黒の毛色に現在は固定されています。その比率は黒と白が7対3であることが理想的とされています。そんな被毛のお手入れは、1週間に1度かためのブラシでブラッシングをするとよいでしょう。
  • カレリアン・ベア・ドッグの運動量は多くを必要とし、最低でも1日1回1時間程度の運動が必要になります。引く力が強いので散歩の際は十分注意してください。
  • 優れた狩猟犬であるがゆえ、吠えることが多いため、都心部での飼育には不向きな犬種といえます。飼い主に何かを伝えるために吠えていおり、その行為を止めさせると、伝えたいことが伝わらないというストレスを溜める原因になります。ストレスは体調を崩したり、破壊行動にもつながりますので、なるべく田舎での飼育をオススメします。

カレリアン・ベア・ドッグに関するアイテムを探す