ワイマラナー~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/ドイツ/ワ行
ワイマラナー
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • 活発で運動大好き
    明るく好奇心旺盛
  • 体重 ~40kg
  • 体高 ~70cm
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
性格

好奇心旺盛で明るく無邪気で温厚な性格ですが、実は寂しがり屋なところがあります。寂しそうな表情をするのは、家族とのコミュニケーション不足を感じているときなので、いつでもたっぷりとコミュニケーションを取ることで寂しさを感じることなく、甘えん坊で幸せそうな表情を見せてくれます。

家族以外の人間や動物に対しては少し神経質です。友好的に接することが苦手なので、子犬のうちから外へ連れ出し、見知らぬ相手や他の動物とも接する機会を設け、社会性に慣れさせるように心掛けてください。

特徴
  • ドイツのワイマール地方で誕生したワイマラナーは、ジャーマン・ポインターやリアムハウンドなどが近親であると考えられています。近親犬種を土台とし、1800年代後期から犬種改良の交配が進められた結果誕生しました。
    ワイマラナーは実猟犬として優秀な活躍を見せ、ハンターには「伝説の猟犬」とも呼ばれます。その後、狩猟自体の人気の下降、戦争によって頭数が減少しましたが、アメリカにて繁殖されていたワイマラナーによって繁殖が続けられ、なんとか純粋な血統を保つことができました。
  • 短毛で光沢のあるグレー色の被毛が特徴的な大型犬です。ごくわずかですが、ロングコートの個体も存在します。被毛は抜け毛が少なく、とてもきめ細かく柔らかいので手触りが抜群です。短毛なので寒さが苦手です。
    また、グレーの被毛は夏場は日焼けをし、褐色に変色することがありますが、冬に向けて色味は元に戻ります。
    お手入れは比較的簡単で、定期的なブラッシングやシャンプーで問題ありません。
  • 大型犬で元々猟犬でしたので、運動量がとても必要になります。若犬ですと、1日2時間以上は散歩が必要になりますので、ワイマラナーの運動をする時間をきちんと確保できる環境でなければ飼育をするのは難しいです。
    運動不足になってしまうとストレスが溜まってしまい、攻撃性が高くなったり、場合によっては自傷行為を起こすことに繋がります。飼い主と運動をすることが大好きなので、一緒に運動をして信頼関係を築くのが好ましいです。
  • 心優しく、理解力の高い賢い犬種です。そのため、しつけを行う際には比較的手間がかかりませんが、そのためにはきちんとした飼い主との信頼関係が大事です。
    敏感で繊細なところがあり、元々猟犬としての猟欲があるので、子どもや小動物などの相性はあまりよくありません。
    子犬の頃から社会性を身に付けさせ、行動を制御させる指示に従うことができるよう覚えさせるようにするのが大切です。
  • 大型犬特有の胃捻転に注意が必要です。運動量が必要なワイマラナーですが、食事を与えるのは散歩や運動の後が好ましいです。
    その他、股関節形成不全や白内障等の眼病に注意が必要です。

ワイマラナーに関するアイテムを探す