レオンベルガー~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/ドイツ/ラ行
レオンベルガー
  • ファミリー向き
  • おおらかでやさしい
    愛情深く甘えん坊
  • 体重 ~50kg
  • 体高 65~80cm
  • 平均寿命 8~9歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 股関節形成不全

  • 肘関節形成不全
  • 胃捻転
  • アジソン病
  • レオンベルガー多発性ニューロパチー
  • 皮膚疾患

性格

身体がとても大きく、顔も強面なので怖い印象を受けがちですが、とてもおおらかなやさしい性格です。忍耐強さも持っているので子どもの遊び相手としても活躍してくれます。

吠えることはあまりなく、友好的な性格なので番犬には向きません。また、甘えん坊で愛情深さを持っているのでとても大きな身体ですが家庭犬として人気が高いです。

特徴
  • レオンベルガーはドイツ南西部のレオンベルグ市議員により作り出されました。市のシンボルマークでもあるライオンに似ている犬種を作るため、ランドシーア、セントバーナード、ニューファンドランドやグレートピレニーズとの交配を重ね、1846年に現在の形の個体が誕生しました。
    第二次世界大戦後は、大型犬であるレオンベルガーも食糧難から激減し、8頭まで個体数が減りましたが、その後愛好家たちの力によって繁殖が進められ絶滅の危機を逃れました。
  • がっちりとした筋肉質な身体、たくましさのある脚、ライオンのようなたてがみがあり、真っ黒な顔「ブラックマスク」が特徴的です。
    指の間は誕生の際に交配されたニューファンドランドの影響で水かきがついており、泳ぎが得意な個体も多いです。イタリアやドイツでは水難救助犬として活躍している個体もいます。
  • 寒さから身を守ることに長けているダブルコートの被毛は、細く柔らかく光沢があるウェーブのある毛です。身体が大きいこともあり、被毛のお手入れには時間がかかります。2日に1度程度のペースでブラッシングやコーミングを行い、定期的なシャンプーが必要です。
    寒さには強いですが、暑さは苦手なので夏場は温度調整をした室内で過ごさせるようにしましょう。
  • 大型犬なので運動量が必要になりますが、激しい運動は必要ありません。歩きながらの散歩を1時間以上、毎日2回は行うようにしましょう。
    レオンベルガー自体の性格は穏やかなので、他の動物に出会っても喧嘩をするようなことはありませんが、見た目の迫力があるのでリードをなしにして外出させるようなことは控えるように心掛けましょう。
    また、泳ぎも得意なので入ることができる川などで遊ばせると喜びます。
  • レオンベルガーはとても賢く、飼い主の指示をしっかりと聞き理解しようとするので、しつけは難しくありません。しかし、大型犬でもあり万が一の際に動きを制御させるのが大変になると困るので、きちんと主従関係を理解させながら信頼関係を構築することが大切です。
    しつけをする際には叱ることなく、褒めて伸ばしてあげるようにするのがポイントです。
  • 大型犬によくみられる股関節形成不全、肘関節形成不全の発症が多くみられるので、普段と様子が違うと感じたら早くに動物病院を受診するようにしましょう。
    その他、胃捻転やアジソン病、レオンベルガー多発性ニューロパチーに注意が必要です。

レオンベルガーに関するアイテムを探す