イビザン・ハウンド~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/スペイン/ア行
イビザン・ハウンド
  • 上級者向き
  • 聡明でおとなしい
    温厚で愛情深い
  • 体重 ~23kg
  • 体高 ~72cm
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 眼病

  • 股関節形成不全

性格

聡明で活発ですが、普段はとてもおとなしいです。性格も温厚でやさしく、飼い主に対しては深い愛情を持って接します。しかし、見知らぬ相手には警戒心を出し神経質になります。そのため、臆病な振る舞いをしてしまう個体もいます。

もともと猟犬ですので、獲物を追いかけることがあります。視覚的に狩猟をする猟犬とは異なり、吠えながら狩猟をするタイプです。
いつでも冷静沈着で、的確に判断し行動をします。きちんとしつけることで、信頼できる家庭犬となります。

特徴
  • 古代エジプトの墓碑などにイビザン・ハウンドによく似ている犬が描かれていることから、紀元前3400年程前にはすでに誕生していたと考えられています。
    地中海東岸に位置した歴史的地域に住んでいたフェキニア人によってバレアレス諸島のイビザ島へ渡り、島が孤立していたこともあり、他犬種との交配がされることなく純粋な血統が保たれ、今に至っています。1950年代頃からアメリカでもイビザン・ハウンドが知られるようになりました。
  • 体長より体高が高く、大きなピンと立っている耳が特徴的です。
    被毛は3タイプあり、短毛と長毛、そしてワイヤーコートです。体の線が細く、鹿のようにも見えると言われます。短毛タイプはよく絞った濡れタオルで拭くお手入れで問題ありませんが、長毛やワイヤーコートの場合は定期的なブラッシングをする必要があります。
  • イビザン・ハウンドはたくさんの運動量が必要となるので、室内での飼育はおすすめできません。十分な運動ができるようドッグランや大きな公園、リードが無くても遊ぶことができるような場所で運動をさせるのが良いでしょう。庭などで飼育をする場合には、とてもジャンプ力がある犬種ですので塀などの高さをしっかりと確保するようにしましょう。
  • とても独立心が強く、自由であることをを望む犬種です。そのため、しつけをするのが難しいです。しつけは必要ですが、きちんとイビザン・ハウンドのために自由である部分も設ける必要があります。
    飼育頭数が少なく、イビザン・ハウンドを飼育した経験者のある飼い主も少ないので、実際に飼育する際には探り探りでしつけをするようになるので、初心者の方にはおすすめできない犬種です。
  • イビザン・ハウンドは眼病と股関節形成不全への注意が必要です。日本国内では飼育例がとても少ないので、診察ができる獣医師が近くにいるのかということも予め確認しておくのが良いでしょう。

イビザン・ハウンドに関するアイテムを探す