チャウ・チャウ~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/中国/タ行
チャウ・チャウ
  • シニア向き
  • 冷静沈着で
    警戒心が強い
  • 体重 ~32kg
  • 体高 ~56㎝
  • 平均寿命 8~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 股関節形成不全

  • 眼瞼内反症
  • 二重睫毛
  • 軟口蓋過長

性格

チャウ・チャウはいつも冷静沈着で独立心が強く、頑固な一面を持っています。目の周りの毛が視界を邪魔しているせいか、とても警戒心が強く臆病といえるほど神経質なため番犬向きと言えます。

家族に対しての愛情表現は控えめですが、飼い主には忠実で献身的です。他の犬に対して攻撃的になることもありますが、基本的には他の動物ともうまく付き合うことができる犬種です。

視界の狭さから、後方から近づくものに過敏に反応するため、声をかけながらゆっくり近づいていくようにしましょう。

特徴
  • チャウ・チャウは顔の周りにライオンのたてがみに似たフワフワの毛をもち、舌は青黒く、ゆるい巻尾で威厳を感じさせる姿をしています。
  • チャウチャウの起源は紀元前までさかのぼり、広東省が原産地とされております。7世紀の中国皇帝が飼っていたほど歴史は古いです。狩猟やそりを引くなど使役犬としてだけではなく、食用犬としても飼育されていたようです。20世紀になって家庭犬として飼育されるようになりましたが、気質の面で初心者の飼育は難しいタイプといえます。
  • 大型犬ではありますが、運動量はそれほど多くを必要としていません。日本の高温多湿の気候が得意ではないので夏場の運動には特に注意が必要になります。
  • 頑固でマイペースなところがありますので、しつけには根気よく行う必要があります。成犬になっても飼い主以外の家族の指示に従わないこともありますし、飼い主の言うことでさえ拒むことがあります。幼犬の頃からのしつけが特に重要になってきますので、社会性を身に付けたり、家族全員との信頼関係や服従性を養うように努めましょう。
  • 飼い主以外の人や動物には友好的なタイプではないので、幼犬の頃からたくさんの人や動物と触れ合う機会を設けて社会化の訓練を行いましょう。
  • クラクションや雷などの大きな音や子供や小動物など素早く動くもの反応して、興奮してしまわないように、日頃から「来い」や「待て」といった訓練はしておきましょう。
  • チャウ・チャウはまるで羊のようなフワフワとした厚手の毛で覆われています。夏場は特にブラッシングを丁寧におこないましょう。顔のしわに汚れが溜まりやすいので、こまめに拭いて清潔にしましょう。

チャウ・チャウに関するアイテムを探す