ボクサー~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/ドイツ/ハ行
ボクサー
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • 賢く、穏やか
    ナイーブな一面も
  • 体重 25~32kg
  • 体高 53~64cm
  • 平均寿命 10~12歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 拡張型心筋症(ボクサー心筋症)

  • クッシング症候群
  • 皮膚疾患
  • 股関節形成不全
  • 角膜炎
  • 椎間板ヘルニア
  • 胃捻転

性格

物静かで穏やかな性格をしていますが、だからと言ってのんびりとしているわけではなく、必要なときには周りを圧倒させるほどのパワーを発揮します。

とても賢く状況判断をすることができます。信頼関係をきちんと築くことができると、飼い主に従順になりとても忠実な犬に育ちます。しかし、賢いがゆえに飼い主の力不足が分かると気が強く、攻撃的な犬に育ってしまいますので、しっかりと向き合って接することが大切です。

精神的にナイーブな面があります。そのため、傷つきやすく、根に持ちやすい性格です。しつけを行う際に叩いたり、叱りすぎたりしてしまうことは逆効果になります。「褒めて育てる」のように、しつける側も穏やかに接することがきちんとしたしつけをするためには重要です。

特徴
  • ドイツ生まれのボクサーは元々が猟犬です。しかし、獲物を追いかけたりするというよりも、猟師が追い付くまで獲物を噛みついて離さないようにするというような役割です。こういった経歴から、勇敢な性格であごが強く、またスタミナがあり、猟師の指示に的確に従うことができるというような服従性を持っています。
  • 体長より体高が長く、中型犬に分類すると少し大きめの体で、引き締まった筋肉を持ち、骨格もしっかりとしています。
    被毛は短毛なので、お手入れの手間はかかりませんが日本の高温多湿気候が苦手なので皮膚を清潔に保つことが大切です。
  • ボクサーは運動能力が高いこともあり、運動への欲求も強いです。そのため毎日の散歩は十分な時間必要になります。1日あたり1時間ほどの散歩が理想的です。
    また、運動をさせるという意味ではボール遊び等も好きなので散歩以外に遊びを取り入れるのも好ましいです。しかし、極端に寒かったり、暑いのも苦手なので、夏場の外出には十分に注意が必要です。
  • ボクサーは拡張型心筋症の発症が多く見られる犬種です。拡張型心筋症は「ボクサー心筋症」とも呼ばれるほど、ボクサーに多く見られます。
    ボクサー心筋症は遺伝性で、特にオスに発症が多く見られます。3歳以上で発症しやすいですが、3歳以下で発症すると重症化するケースが多く、不整脈や呼吸困難、失神や突然死となることもあります。
    他にはクッシング症候群、皮膚疾患、軟口蓋過長による呼吸困難を起こしやすい犬種です。

ボクサーに関するアイテムを探す