ビアデッド・コリー~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/イギリス(スコットランド)/ハ行
ビアデッド・コリー
  • ファミリー向き
    カップル向き"
  • やんちゃで甘えん坊
    運動大好き
  • 体重 ~27kg
  • 体高 51~56cm
  • 平均寿命 14~15歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 皮膚炎

  • 脱臼
  • 白内障
  • 角膜ジストロフィー
  • 進行性網膜萎縮

性格

ビアデッド・コリーは二面性のある性格です。陽気で明るく活発なので室内で飼育する場合には注意が必要です。いたずら好きなところがあるので、室内にあるものを壊してしまうという恐れがあります。しかし、とても愛情深く人懐こいので家族とはとても仲良くできます。

もう一面は、落ち着いて判断することができる賢さを持っているところです。人懐こいのは家族だけではなく、見知ぬ相手に対してでも同じです。しかし、やんちゃに接するわけではなく、しっかり落ち着いて接することができるので、安心して見ていることができます。

特徴
  • ビアデッド・コリーは、1500年初期にスコットランドにてポーリッシュローランドシープドッグとスコットランドのコリー犬の間に生まれた犬が始まりと言われています。その後、第二次世界大戦の頃に一度絶滅寸前の危機に陥ります。
    しかし、絶滅したと思われていましたが、1頭の犬がきっかけで今に至ることとなります。メスのビアデッド・コリーを飼育していた飼い主が絶滅寸前ということを知り、交配相手を探していたとき、偶然オスのビアデッド・コリーに出会い、繁殖が再会されました。現在飼育されているビアデッド・コリーはこの2頭の血統となります。
  • フサフサと長い被毛が特徴的なビアデッド・コリーは被毛に隠れていますが、足はやや短く、引き締まった体をしています。被毛に隠れてしまっていますが、目が大きいです。
    長い被毛はダブルコートなので日々のお手入れが大切になります。毎日ブラッシング、コーミングをしてあげるのが望ましいです。また、定期的にカットをし長さを整えてあげると良いです。
  • 大型犬で元々牧羊犬として働いていただけあり、ビアデッド・コリーにはたくさんの運動量が必要となります。1回につき1時間程の散歩が必要になります。とにかく運動量が必要になるので、休日にはドッグランへ行き、思い切り走らせてあげることが望ましいです。
  • とても賢いので飼い主の言うことを理解しようとします。しつけは若干大変でもありますが、愛情深くコミュニケーションをしっかり取り、信頼関係を築くことでスムーズなしつけをすることができます。ただし、やんちゃなところがありますので小さい頃は家の中を走り回ったりしてしまうことがあるので覚悟が必要です。
    甘えん坊ですが、大人になるにつれ、しっかりと我慢をすることも覚えるので留守番をさせることもできるようになります。
  • 元々遺伝疾患として皮膚炎になりやすいです。ダブルコートの被毛の影響もあり、日本の気候が苦手でお手入れをきちんとしないと皮膚疾患を引き起こします。
    脱臼や白内障、角膜ジストロフィー、進行性網膜萎縮等も遺伝的に発症が多いと言われています。

ビアデッド・コリーに関するアイテムを探す