秋田犬~ペット保険加入前に知りたい情報~

大型犬/日本/ア行
秋田犬
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • 情に厚い
    飼い主にとても従順
  • 体重 ~50kg
  • 体高 ~70cm
  • 平均寿命 11~15歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • ブドウ膜皮膚症候群

  • 甲状腺疾患
  • 股関節形成不全
  • 腸捻転
  • 腸重積
  • 進行性網膜萎縮症
  • 眼瞼内反症
  • 胃捻転

性格

あまりにもポーカーフェイスのため何を考えているのか不思議になる時がありますが、とても情に厚く、やさしい性格です。

飼い主にとても従順、まさに絶対服従という程です。このようなとても従順で情に厚い性格が海外では人気となり、海外飼育も多いです。

しかしストレスを溜めてしまうと絶対服従だった性格が一遍、人に噛みついたりすることがあるので、ストレスを溜めないように管理することが大切です。
特に運動不足からストレスを溜めこむことが多いので、日々の運動をさせ、ストレスを溜めさせないように管理しましょう。

特徴
  • 秋田犬(あきたいぬ)は元々洋犬や他の日本原産の犬種との交配によって繁殖がされていました。その影響から外見・性格共に統一感がありませんでした。
    昭和初期頃から純粋な秋田犬の作出と繁殖、そして保存運動が始まりました。秋田犬が天然記念物として登録されたのは1931年です。
  • 主人が亡くなってからもずっと主人の帰りを待ち続けた「忠犬ハチ公」の犬種は秋田犬です。また、第二次世界大戦終戦後、純粋な秋田犬は20頭程でそこから現在に至るまで改めて繁殖が行われてきました。
    戦後、秋田犬は海外へ持ち出され、主人に対して忠実な性格から人気を集めています。
  • 秋田犬は足が長く腰が高く、がっちりとした体型です。鼻の先はとがっていてはいけません。鼻の色は黒と限られています。
    被毛は短いですが、その割には抜け毛が多いので、毎日ブラッシングをする必要があります。
  • 秋田犬はとても体力があります。そのため運動不足がストレスの原因になりますので、毎日1時間以上の散歩が必要になります。また、秋田犬は警戒心が強いので、見知らぬ相手、散歩中に出会った人が触ろうとする場合には注意が必要です。
  • 飼い主との信頼関係を築くことができていないと何かあった際に手を付けることができなくなってしまうので、子犬のうちからきちんとしたしつけとコミュニケーションを取り、しっかりとした信頼関係を築くようにしましょう。
  • 都道府県条例で特定犬種としての届け出、飼育管理に関する既定を設けている地域がありますので、飼いはじめる際には保健所等へ確認をするようにしてください。
  • 他犬種と比べても秋田犬はブドウ膜皮膚症候群を引き起こす率が高いと言われています。遺伝が原因とされています。
    早期発見をし、治療を進めることで進行を抑えることができるのですが、重症化してしまうと失明する恐れがありますので、変化を感じた際には動物病院へ相談をしてください。

秋田犬に関するアイテムを探す