サバンナキャット~ペット保険加入前に知りたい情報~

アメリカ/サ行
サバンナキャット
  • ファミリー向き
    カップル向き
  • 愛情深く人懐こい
    賢く友好的
  • 体重 ~13kg
  • 平均寿命 17~20歳
ペットの種類と年齢を選択して比較する
気をつけたい病気・ケガ
  • 泌尿器系疾患

性格

サバンナキャットはアフリカの野生猫の血を引いているので猛獣と思われがちですが、とても人懐こく愛情に満ちており、友好的な性格をしています。家庭へ迎え入れると子どもたちとも仲良く遊ぶことができます。

飼い主のことが好きなので、後ろをくっついて歩くことがあります。この姿はまるで犬のようとも言われます。
また、とても賢く飼い主のことを観察しいろいろと学んでいきます。そのため、生活での行動、たとえばドアの扉を開けることや、水道の蛇口をひねるようなことも平気で覚えてしまいます。

特徴
  • サバンナキャットの歴史は新しいです。1986年、アフリカの野生猫であるサーバルとメスのシャム猫を交配させ誕生しました。この第一号から品種を確立させるたの繁殖が勧められ、1996年にサバンナキャットのスタンダードが完成となり、2001年に公認されました。
    主に野性的な模様をしている猫との交配がされておりましたが、現在では個体数が増えたことによって他猫種との交配はされなくなっています。
  • サバンナキャットは一般的に家庭で飼育される猫と比べると一回り程大きな体型をしています。元々野生猫であるサーバルの血を引いていることもあり、運動神経が良く、特にジャンプが得意なところが特徴的です。垂直飛びをするだけでも、およそ2.5メートル程ジャンプをすることができます。
  • 被毛の色はブラウンスポテッドタビー、シルバースポテッドタビー、ブラックスモーク、ブラック等が認められています。お手入れは毎日軽くブラッシングをする程度で問題ありません。
    被毛のお手入れよりも爪のお手入れに注意が必要です。サバンナキャットの爪はとても鋭く、人間のケガもそうですが、家具等を傷つけることもあります。できれば週1回爪を切るのが好ましいです。
  • サバンナキャットは野生の血の濃さをF1~F7と分けられています。数字が小さい程、野生の血が濃いとされており、日本ではF1~F3のサバンナキャットを飼育する際には都道府県知事の飼育許可を取得する必要があります。また、希少種でもあるため日本での繁殖はほぼゼロです。飼育の際には海外から輸入することとなります。
  • 運動神経が良いこともあり、運動がとても好きな猫種です。犬のようにリードを付けて散歩をすることもできます。また、猫が苦手とされる水が苦手ではありませんので、水遊びをすることも可能です。
  • 猫の中では健康的で、遺伝疾患を起こすことはあまりありません。しかし、一般的に猫に多いと言われる泌尿器系の疾患には注意が必要です。
    また、食事バランスに気を付け、高タンパク、高カロリーな食事をさせ、しっかりと日々運動させるのが良いとされています。

サバンナキャットに関するアイテムを探す