去勢・避妊に関するコラム

去勢・避妊に関するコラムを集めたページです。犬や猫を飼う際には、去勢・避妊手術をすることが推奨されています。
去勢・避妊は、過度な繁殖を防ぐことができるだけでなく、万が一の病気のリスクを抑えることもできます。そのため、ペットを迎え入れてから動物病院を受診すると、獣医師から打診をされることもあります。
ペット保険では、去勢・避妊手術をした際の費用は補償対象外になることが多いですが、将来的な病気のリスクを抑えることができると考えると、その費用はそこまで高額ではないと思います。自治体によっては手術費用の助成金を支給していることもあるので、事前確認がおすすめです。

去勢・避妊は、繁殖によって頭数が増えすぎてしまうことを防ぐことができるだけでなく、病気のリスクを抑えることができます。また、オスの場合には喧嘩や威嚇行為、マーキングなどを防ぐこともできます。
手術自体は6歳程度までに行うことが推奨されていますが、様々なことを考慮すると早い段階で行うのが望ましいです。一つの理由としてあるのがペット保険への加入です。
ペット保険では、去勢・避妊手術をしていることで病気のリスクを抑えることができるため、契約の時点ですでに手術をしている場合には、保険料が安くなるものもあります。これはあくまでも加入前に手術を済ませていることが条件です。
ペット保険へ加入後に手術を受けようと思っている場合、補償対象外となってしまうので注意が必要です。結果的に費用面を安く抑えたい場合には、事前に手術を行い、その後ペット保険へ加入するのがおすすめです。