特集

本当に使えるペット保険とは? 日本ペットプラス少額短期保険株式会社

こんにちは!久しぶりの登場ポッチ&コミーです!
このたびの「令和元年台風第15号並びに19号」により被害を受けられた方やそのご家族、関係者の皆さまに心からお見舞い申しあげます。
一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申しあげます。
 

20191030_173716

 

今回はペット保険のおすすめ比較で、提携させて頂いている「日本ペットプラス」のご担当者町田さんへ先日インタビューをして参りました!どのような特徴を持った保険なのか、いろいろと聞いてみましたよ!

 

NPP_image1
 

-本日はよろしくお願い致します。
早速ですがよく目にする「本当に使える」という言葉。具体的にどういうことですか?

 現在、10社以上の保険会社がペット保険を販売していますが、
 一見同じような補償内容に見えても、保険金お支払に関わる
 さまざまな「制限」がある保険も多いということは、
 意外と盲点になっているようです。

 見た目の保険料だけではなく、実際保険金を請求したときの
 お支払シミュレーションなども確認しておくのがいいと思います。

 中でも、弊社はそういった「制限」が特に少なく、
 その点でも多くの契約者の方にご満足の声をいただいています。

 

-例えばどんな「制限」がありますか?

 まず、免責金額という設定がある保険とない保険があります。
 金額は下は3000円から上は20000円までと様々ですが、
 免責金額があると、その金額分は必ず自己負担となるので、
 例えば免責金額より少額の治療が続いた場合は、
 実際保険金が支払われないということになってしまいます。
 当社は免責金額はありませんので、
 例え少額の治療であってもご請求いただくことが可能です。

 

-他にはどんな「制限」がありますか?

 一日または1回あたり掛かる費用に対し、補償の上限があることもあります。
 「通院一日10,000円まで」「一手術10万円まで」などの金額制限のことです。

 例えば起こりやすい事故で「誤飲(誤食)」についてお話しすると、
 異物を吐かせるなどの処置を含めて平均50,000円の治療費が掛かります。
 この場合は通常通院の扱いとなりますので、
 例に当てはめると40,000円が自己負担となってしまいます。

 また、重大な誤飲事故で開腹手術となった場合には、
 なんと一度で70万円かかった事例もあります。
 その場合は例に当てはめると60万円も自己負担することになります。

 

-それは大きな負担になってしまいますね。。日本ペットプラスさんはその制限がないですね!

 はい、当社の「いぬとねこの保険」の金額に関する制限は、
 プランごとに定めた「年間補償上限額」のみとなります。
 一番人気の「プラチナプラン90%」であれば、
 通院・入院・手術合わせて、合計90万円に達するまでは
 細かい制限なしにご請求いただくことができます。
 この方式は、非常にわかりやすいとご契約者様から評価をいただいております。

 

-なるほど。そういった細かい制限を考えると、保険料がリーズナブルだからというだけで加入することは考え直した方がいいかもしれませんね。。

 そうですね。
 他にも1つの疾病が継続的な治療になると、
 年間補償上限額がリセットされない保険もあるそうです。
 その場合、年度をまたいでも累積が続き、
 限度額に到達した時には保険が途中で終了(失効)となってしまうんです。

 ペットも高齢になるほどに慢性疾患になるリスクが増えます。
 猫ちゃんの腎泌尿器リスクについてはよく知られていますが、
 そうなると継続的にお薬をもらいに病院に行く子もたくさんいます。
 そんな時に保険が途中で失効になってしまったら、
 何のために保険に入っていたかわかりませんよね。

 

-確かに。それはごもっともですね。日本ペットプラスさんはその辺、どうなっているんですか?

 当社「いぬとねこの保険」は、例え慢性疾患であっても、
 年間補償上限額は更新時にはきちんとリセットされます。

 途中で失効にならないまでも「通院は年20回まで」といった制限があり
 それが更新後も累積カウントされる保険もあるので注意が必要です。
 繰り返しになりますが、当社の「いぬとねこの保険」は
 「年間補償上限額」に達するまでは何度でもご請求がいただけます!

なるほど…制限は注意してみたほうがいいということがよくわかりました。

 

-このような制限が少ないと「本当に使える」と評価する飼い主さんも多そうですね。

 はい。飼い主様から感謝のお手紙を頂戴することも多いのですが、
 「十分に補償がされて本当に助かった」といった内容が本当に多く、
 そんな時は本当にこの仕事に携わっていてよかったと思う瞬間です。
 大切なペットちゃんの健康のための保険ですから、
 いざという時に後悔しない「本当に使える」安心な保険を
 しっかり比べて選んでいただきたいと思います!

『使って納得』の保険であれば、飼い主さんにとって強い味方になりますもんね!
本日はありがとうございました。
 
 

petplus_logo_636x80.fw

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事