用語集 > 通院について

通院について

挿絵
通院とは、治療を受けるために動物病院へ通うことを指します。

通院の補償がある保険へ加入している場合、病気やケガでの治療のために病院へ通った際に、通院保険金が給付されるようになります。

もちろん保険会社によって規定が異なるため、予め確認しておくことをおすすめします。
犬や猫の通院は、1回の診療で1万円以内程度の医療費を請求されることが多いです。人間と比べると少々高い印象ですが、動物病院は自由診療のため、病院によってどのくらいの医療費が請求されるのかは幅広く、一概に言うことができません。

また、通院時に特別な外科的治療などが入ると、さらに医療費は高くなります。

たとえば、小型犬に多くみられる骨折は、手術や入院、退院後の通院、処方薬やギプスの交換や、リハビリなどが必要となるため、20万円~30万円程の医療費となります。

アレルギー症状などの場合は、1回の通院費用はそこまで高額となりませんが、生涯にわたったケアが必要となり、その都度薬の費用もかかるようになります。1回の医療費が高額でなくても、生涯と考えると累計額が大きくなるのは明白です。

病気やケガは、1回の通院で完治するようなことはほとんどありませんし、定期的に通院は必要となるので通院に関する補償がある保険プランの見当をおすすめします。

ペット保険を探そう!