用語集 > 補償(保障)について

補償(保障)について

挿絵
「補償(保障)」とは、犬や猫といったペットのケガや病気などの治療に対し保険金を支払うことを指します。この表現は保険会社によって異なります。

ペット保険の加入にあたって、一番気になることは「補償(保障)」内容についてだと思います。万が一の時に、どのような内容で対応してもらえるのか、医療費の負担はどの程度になるのか、高度な治療をどこまで受けさせてあげることができるのか…、これはとても大切な問題です。

ペット保険に加入をすることで受けることができる補償の内容は、保険会社それぞれによって大きく異なります。加入時には、必要な補償内容、月々の保険料の費用、ペットの年齢や健康状態をしっかりと検討しましょう。

犬や猫の治療には、都度飼い主さんの判断が求められます。どの程度までの医療措置を施すのか、判断の決め手となるのは犬や猫の健康状態、回復の見込みと併せて費用面の負担も重要な項目です。万が一のときに、費用面を理由に治療を中断せざるを得ないことも多々あります。

ペットが若く健康なうちは、保険の必要性を実感する機会もありませんが、必ず訪れるシニア期に備え、ぜひ十分備えをペット保険でしておきましょう。

※ペット保険の場合、基本的に「補償」という表現を使用します。この言葉の意味は損失や損害を補い償うことを意味します。一方の「保障」という言葉は、地位や権利などに害のないよう保護すること、保護して損害を与えないことを意味しているので、ペット保険には該当しません。

ペット保険を探そう!