用語集 > 約款について

約款について

挿絵
ペット保険の契約内容や条件を具体的に定め、記載した条項のことを約款と言います。
約款には、主たる内容を定めた普通保険約款と、保険の補償内容を充実させるためなどに特別な約束不可する特別約款(特約)があります。

保険の契約をするということは、約款に記載されている内容を承諾したことになり、この約款に基づいて飼い主は保険料の支払いを行い、ペット保険会社は補償対象となる事由が起こったときに保険金を受け取ることができます。(窓口割引型の場合は、病院の窓口で精算をする際に、即日保険が適用されます。)

約款には給付金や保険金等を支払いすることができないケース(免責事由)などの重要なことが書かれているため、契約前には必ず約款に目を通し、契約後はいつでも契約内容が確認できるように、重要事項説明書と共に大切に保管しましょう。

尚、約款は更新時に内容が変更になる場合もあります。そのため、更新時においてもしっかりと補償内容などを確認した後で、更新の手続きを行うようにすることが大切です。
(※ペット保険会社によっては、前年にかかった病気などを補償対象外とし、更新を進めるところもあります。)

いざという時のペット保険ですので、確認漏れで補償が受けられなかったということがないように注意をしましょう。