用語集 > 窓口精算について

窓口精算について

挿絵
窓口精算とは、動物病院で診療を受けた際、当日中に自己負担額のみを動物病院にて支払うことができる仕組みです。
窓口精算は、加入者証(保険証)を提示するだけで可能となるので、ペット保険の保険金請求手続きの必要がないことがメリットでもあります。

たとえば、手術をして支払治療費の請求金額が「10万円」で「70%補償プラン」の保険に加入の場合、全額保険補償対象の治療内容であれば、窓口で飼い主さんが支払う金額は治療費の「70%」を差し引いた「3万円」となります。
動物病院は、後日保険会社へ残りの7万円を直接請求し受け取るようになります。

窓口精算の仕組みは、飼い主さんの請求手続きの手間がかからないというメリットがありますが、何より急な受診の際の費用工面の心配をする必要がないということが最大のメリットです。

保険会社によっては、窓口精算で保険が適用されるものとされないものがあるので、保険会社を選ぶ際は一度確認しておくことをおすすめします。

一方で、後日精算の方法の保険会社の場合、窓口で一旦飼い主さんが10万円を立て替え支払をします。
その上で、後日領収書や必要書類を添えて、保険会社に請求手続きをし、立て替えて支払った保険料を振込にて受け取るようになります。
この場合、保険金の受け取りまでにかかる期間が保険会社によって異なります。

後日精算の場合、飼い主さんは急な受診や事故、ケガの時に事前に費用の工面をする必要があるデメリットが生じます。

現在、当サイトにて取り扱っている保険会社にて窓口精算の利用が可能な保険会社はアイペット損害保険株式会社の「うちの子」というプランになります。
※提携動物病院のみ窓口精算の利用が可能です。

ペット保険を探そう!