用語集 > 感染症について

感染症について

挿絵
感染症とは、空気中に存在する病原微生物(ウイルス、細菌、寄生虫)が体内に侵入して増殖、または毒素を出すことで引き起こされる病気のことを指します。感染症は、罹患している個体から別の個体へうつり、これによって感染が広がります。

感染経路は3パターンあります。接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)が挙げられます。感染症を防ぐためには、この経路を遮断することが対策の一つとしてとても重要になります。
「フィラリア」
感染症と言われる病気はいろいろありますが、犬や猫のようなペットに関係している感染症は「狂犬病」「高病原性鳥インフルエンザ」「パスツレラ症」「ペスト」「Q熱」「オウム病」「トキソプラズマ症」「エキノコックス症」「ジステンパー」「パルボウイルス感染症」などがあります。

中でも、症状が重大となる病気として「狂犬病」「フィラリア」「ジステンパー」「パルボウイルス感染症」に注意が必要です。しかし、これらの感染症はワクチン接種をすることによって予防することができるので、予防接種を受けるようにしましょう。

感染症予防ワクチンは、ペット保険での補償対象外となることが多いので、各保険会社の約款などを確認しておくことが大切です。