用語集 > 契約年齢について

契約年齢について

挿絵
契約年齢とは、保険の契約日における補償を受ける犬や猫の年齢のことを指します。
契約年齢は、保険料の計算基礎となる年齢です。保険会社により、契約年齢の数え方は異なります。

誕生日を迎えるごとに1歳加える数え方の「満年齢」と、保険会社独自の年齢算定方法である「保険年齢」を使用する会社に分かれます。保険会社独自の「保険年齢」は、誕生日を迎える半年前に年齢が1歳加えられるようになっています。

ペット保険会社によっては新規加入の際の契約年齢に上限があり、それぞれ設定される年齢に違いがあります。
早い場合は「7歳まで」の新規加入となるところもあれば、「16歳」まで新規加入が可能なペット保険会社もあります。
一般的に言われるシニア期の犬や猫でも加入できる保険はあるので、調べてみるのがおすすめです。

また、保険継続年齢にも上限があります。
「16歳」や「20歳」までと設定しているところもありますが、多くの場合が終身継続が可能となっています。

ただし、これはあくまでも健康な状態であった際の継続可能年齢であり、更新のタイミングで保険会社側から継続ができないと知らされる可能性もあるので、注意しましょう。
約款をしっかり読むことと併せて、ペットが健康な状態でいられるように健康管理にも気をつけましょう。

ペット保険を探そう!