用語集 > 告知義務について

告知義務について

挿絵
告知義務とは、保険契約者がペット保険の新規契約申し込みの際、契約継続時に保険会社へ重要な事項を偽りなく申告する義務のことを指します。告知の際は、保険会社が定める項目に関して犬や猫の状態を正しく申告する必要があります。

ペットの種類(犬種等)、満年齢、これまでの病歴や治療中の病気などに関しての質問があり、内容は各保険会社によって異なります。
先天的な問題を抱えている場合は、加入時点で日常生活において健康上の不調を感じていない場合でも申告が必要です。

この告知内容を偽って保険手続きを進めてしまうと、万が一の事故や病気のときに保険料の受け取りができないという事態になることもあるので、必ず正しく申告をしましょう。(※場合によっては、告知義務違反として契約解除となることもあります。)

また、告知内容が承認された場合でも、補償開始日にさかのぼって特定疾病不担保となり、保険料の差額を支払う場合があります。

犬や猫の年齢は、ペット保険加入においてはとても重要な項目です。保険会社によっては、加入可能な年齢に制限を設けていることもあります。

里親制度などで犬や猫を引き取り、正式な年齢が分からない場合、保険会社によっては獣医師の診断をもって推定年齢を算出することを認めていることもあります。

また、犬や猫の健康状態を告知する際に健康診断書が必要になることがあります。この場合は、予め動物病院で健康診断を行い、獣医師に健康診断書を作成してもらう必要があります。

この時、特定の病気が発見されたりした場合、その内容を告知することで、特定疾病不担保などが入り、一部病気は補償されなくなるが、保険には加入できるということもあります。

疑問に思う点や回答に困る項目がある場合は、必ず事前に保険会社に相談をし、確認の上、申告をしましょう。
既に他者の保険に加入をしている場合、別会社の保険へ新たに加入する場合は、事前の申告が必要なこともあるので、こちらも確認をしましょう。

保険は万が一のときの備えです。申告の問題で保険適用を受けることができないという事態にはならないように正しく申告をしましょう。