用語集 > 入院について

入院について

挿絵
犬や猫が病気やケガの治療を行うために、一定期間動物病院へ入ることを入院と言います。これは在宅のままの治療が難しいときに、獣医師の管理の下、治療を行うためです。

ペット保険で入院に関する補償がある場合、動物病院へ入院して治療が終わった後に、入院保険金を受け取ることができます。

入院補償の内容は各保険会社で異なり、限度日数と上限金額が設定されていることが多いです。また、保険会社によっては限度日数と上限金額を設定していないところもあります。

多くの場合が、1日あたりいくらまでの補償であるのか、年間何回の入院までを補償とするのかが決まっています。また、1回の入院を連続して何日間の入院までとするのかというのも決まっており、各保険会社、保険商品によって内容が異なるので、予め確認をしておく必要があります。

入院が必要になるということは、簡単な治療では治すことができない状態であるということが分かると思います。場合によっては手術が必要になることもあるでしょう。
このように考えると、治療費の金額が大きくなるのは明白です。

そのため、入院の補償が手厚い保険商品を選んでおくと経済的な負担が軽減でき、安心して満足に治療をすることができると思います。

ペット保険を選ぶ際には、入院補償についてもきちんと確認することをおすすめします。

ペット保険を探そう!