用語集 > 免責について

免責について

挿絵
免責とは、保険会社が責任を免れることです。
ペット保険にも免責という仕組みがあります。この仕組みは、病気やケガが生じても保険会社が補償をしなくて良い(医療費が飼い主の自己負担となる)項目、条件という意味です。

たとえば、自動車の保険であれば故意のケガや事故には、保険料の支払いを行わないという免責があります。

ペット保険に多くみられる免責事項は、「妊娠・出産」「予防可能な病気」「ワクチン接種」「予防措置」などが挙げられます。中には、既往症(持病)があることを前提に加入を許可する代わりに、既往症に関連する病気を免責事項とすることもあります。

犬や猫の場合、飼い主が予防することで発症を防ぐことができる病気を免責とすることが多くみられます。代表的な病気はフィラリア症です。

フィラリア症は、飼い主が毎年必要とされる期間に予防薬を飲ませることで100%発症を防ぐことができます。しかし、飼い主が十分な予防措置をせずに発症した場合には、最終的に心臓付近の手術が必要になり、手術・入院を含めて数十万円もの費用が掛かります。

フィラリア症が免責事項として決められている場合、どんなに高額な医療費が生じても飼い主の自己負担となります。他にも去勢・避妊手術、ワクチン接種などの予防行為を免責事項とすることも常識とされています。

ペット保険を探そう!