用語集 > 免責事由について

免責事由について

挿絵
保険会社が保険事故(入院や死亡など)に対して、給付金や保険金の支払い義務を免れるケースのことを免責事由と言います。

保険請求をする際に、この免責事由に該当すると、給付金や保険金等を受け取ることができません。例として該当するものは以下となります。

●予防接種なのどで、未然に防げるものに関して、その予防処置を行って発症した場合
●特定の病気やケガ
●飼い主自身により故意・過失によるもの
●天災によってもたらされたケガ

ペット保険への加入を検討している飼い主さんは、愛犬や愛猫がどういった病気になりやすいかを、事前に理解した上で、どのようなケースが免責事由に該当するのかを確認しておくことが必要となります。

免責事由が設けられている理由は、不正を防止するためです。
保険金目当てに、意図的に事由を起こす人がいないとも言えなく、そういった不正から保険会社を守る必要があるために設けられています。そのため、ペット保険会社の運営や維持において、免責事由はなくてはならない大きな役目を担っています。

免責事由は、各ペット保険会社によって内容が異なります。契約時に交付される保険約款などに記載がされているので、内容には必ず目を通しておく必要があります。

お金に関わることですから、不明点がある場合にはそのままにせず、積極的に各ペット保険会社へ問い合わせて確認することをおすすめします。

ペット保険を探そう!