用語集 > 傷害について

傷害について

挿絵
外部から急激かつ偶然の事故によって負った身体のケガなどのことを傷害と言います。
有毒ガスまたは有毒物質を偶然かつ一時的に吸入、吸収または摂取した際に急激に生じる中毒症状や、細菌性の食中毒なども傷害に含まれます。

また、一言で傷害と言っても犬や猫が他人にケガを負わせてしまうことも傷害ということがあります。たとえば、犬の散歩をしている際、通行人に犬が嚙みついてしまいケガを負わせてしまった場合などが該当します。

相手に負わせてしまったケガの状態によっては、賠償請求をされ、その金額が高額になることもあります。もちろん、このような事態にならないように日頃からしつけ訓練をきちんとしておくことが必要ですが、こういった際に備える保険もあります。

「ペット賠償責任特約」と呼ばれるものが、いわゆる他人にケガを負わせてしまう傷害事故を起こしてしまった際の賠償責任を補償してくれるものとなっています。特約なので、主契約の保険商品にオプションとして追加する形になります。

傷害だけではなく、高級な物を壊してしまった際などの賠償についても補償されることもあります。詳しい補償内容については各保険会社の商品内容を確認するようにしてください。

ペット保険を探そう!