用語集 > 保険金について

保険金について

挿絵
保険対象となる犬や猫が、ケガや病気の治療のために通院・入院・手術をした際に発生した治療費の一部をペット保険で補償する際、契約者へ支払われる給付金のことを保険金と言います。

支払われる保険金の金額は、実際に負担した費用の一定割合および全額となります。保険金額については、各保険会社や保険商品によって異なるので、予め確認をした上で新規契約を行うことをおすすめします。

保険金については支払われる回数の限度や、上限金額の設定がされていますが、中には100%補償という保険商品もあります。

たとえば、ペット保険でよくみられる70%補償の保険商品の場合、1万円の治療費がかかった場合には、単純計算で7000円の給付金を受け取ることができるということになります。(受け取る前には保険金請求を行い、認められた場合に給付金が支給されます。)

保険金という言葉は、保険料という言葉に似ていますが、ペット保険においてこの二つの言葉は意味合いが異なりますので注意が必要です。
保険金は受け取れるものであり、保険料は契約者が保険会社へ支払うものとなります。

ペット保険を探そう!