用語集 > 保険金額について

保険金額について

挿絵
保険金額とは、保険契約において契約時に定められた保険金支払いの最高限度額のことを指します。
「保険金」と言葉が似ていますが、意味合いがまったく異なるので誤解のないように注意が必要です。

保険金額が100万円とされている場合、入院をしたら100万円の保険金が支払われるという意味ではありません。入院保険金として支払われるのは、1000万円の保険金額の中から何割かの金額となります。

たとえば、補償割合が50%の保険へ加入していた場合、通院治療で治療費の金額が1万円だったとしましょう。この場合、通院保険金の上限額が1万円だったとしても給付金として支払われる金額は5000円です。理由は補償割合が50%だからです。

また、治療費が3万円となった場合、給付される金額は上限の1万円となります。
このように、上限金額を超えてしまった分の支払いは全て自己負担となるのです。

保険金額が多いから安心というわけではなく、補償割合や上限金額も比較して、ペット保険を選ぶことをおすすめします。

ペット保険を探そう!