用語集 > 保険業法について

保険業法について

挿絵
保険業法とは、日本における保険事業に関する基本法であり、保険会社の種類や組織運営、業務内容、保険契約者保護の仕組みなどを規定する法律のことです。
保険業法は、保険会社および代理店などの保険業に関わる全ての者が守らなければなりません。

1939年に交付され、1940年に施行されましたが、1995年に全面改正がされました。
この改正では、保険契約者等の保護を図るため、根拠法のない共済を規制の対象とし、少額短期保険業制度を新設しました。その他、保険会社の破たんに備え、保険契約者保護機構の設立が新たに規定されました。

ペット保険を探そう!