用語集 > ペット賠償責任特約について

ペット賠償責任特約について

挿絵
ペット賠償責任特約とは、主契約にオプションとして付けることができる特約です。
この特約は、契約したペット(犬や猫)が他人へ噛みついたり、他人に身体障碍や財物損壊の被害を与え、法律上の賠償責任が生じた際に、限度額の範囲内で補償をすることを約束したものです。

以下のような場合には、補償の対象となりません。
・ドッグランにて他の犬とトラブルが起き、ケガをしてしまった場合
・ペットが契約者以外の人物の管理下にあった場合
・他人の物を壊してしまった物損事故の場合の慰謝料

また、法律上の賠償責任が生じた場合でも補償の対象とならないこともあります。
・レンタルDVDや滞在中のホテルの物品等
・契約者と同居する親族が被害者である場合
・自然災害による賠償責任(地震・噴火・津波・風水害などを含みます)
・ワクチン接種を怠ったことによって起きた賠償責任

尚、ペット賠償責任特約では事故に関する示談交渉などを代行することは行っていません。

上記のような内容を理解し、しっかりと特約の内容について理解をした上で、付帯するか検討することをおすすめします。

ペット保険を探そう!