用語集 > ウイルスについて

ウイルスについて

挿絵
ウイルスとは、最も簡単な微生物の一種で、光学顕微鏡で見ることができず、細菌ろ過器をも通過してしまう病原体です。その大きさは、20~30ナノメートルで、内部は核酸として「DNA」か「RNA」のいずれかを含んでおり、タンパク質でできた外殻で包まれています。

単体で生命活動を行うことができず、動物や植物、細菌といった生きた細胞に寄生することで増殖をしています。

ウイルスは、ろ過性病原体やバイラス、ビールスと言われることもあります。

動物も人間と同様にウイルス性の感染症があります。感染症にも様々な種類がありますが、ワクチン等の予防接種をすることで予防することができる病気もあります。

ペット保険では、予防ができる病気での補償がされないことがあります。ウイルス性感染症も、ワクチン等の摂取を怠ったことによって発症してしまった場合、補償がされないこともありますので、予め約款などを確認するようにしましょう。

また、予防ができる病気に関しては、ワクチン等の予防接種を行うようにしましょう。

ペット保険を探そう!