用語集 > インスリンについて

インスリンについて

挿絵
インスリンとは、脊椎(せきつい)動物の膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島にあるβ(ベータ)細胞から分泌されるホルモンのことです。

インスリンは、体内組織において糖質・たんぱく質・脂肪・核酸の合成や貯蔵を促す作用があります。特にブドウ糖を筋肉内へ取り込み、促進をさせ、血糖値を現象させる作用があります。

インスリンが不足すると、糖尿病になります。肥満の状態で糖分を過剰に摂取してしまうとインスリンの量が不足してしまいます。

犬も猫も糖尿病になることがあるので、まずは発症することがないように食事の管理や運動不足にならないように気をつけるようにしましょう。

犬や猫が糖尿病になってしまった際、治療は最初のうち入院をし、病院にて適切な治療を受けることになります。この時、インスリンの注射するようになります。

その後は、自宅治療となり飼い主が自ら注射器を使って、ペットへインスリン投与をするようになるとされています。そのため、インスリンと注射器を購入することになります。

治療用のインスリンの購入が補償対象になるかは、各保険会社へ予め確認をするようにしましょう。

ペット保険を探そう!