用語集 > アレルギーについて

アレルギーについて

挿絵
アレルギーとは、本来無害であるはずの抗原に対する免疫反応により引き起こされる疾患のことを指します。特定の物質(抗原)の摂取・接触に対して抗体を作り、再び同抗原が入ってきたときに過剰な反応を起こし、病的症状が現れた状態のことです。

過剰な免疫反応の原因となる、花粉などをアレルゲンと呼びます。

人間のみならず、犬や猫もアレルギーを起こします。代表的なのは皮膚症状で、発疹や脱毛が見られたりします。痒みを伴い、その部分を掻いたり噛んだりして悪化させてしまう可能性があるため、早期に発見したいものです。

アレルギー性の皮膚炎と感じたら、獣医師に診療してもらうことをおすすめします。

動物病院を受診した際に、医師がアレルギーであると判断しても、何が原因のアレルギーであるのかを特定するためには血液検査をする必要があります。

ペット保険の商品によっては、血液検査の費用が補償されることもありますが、どういった経緯での血液検査であるのかによって給付されるか、しないか、と変わってきます。
主に、ペット保険適用外となるのは、飼い主側からの健康診断的な意味合いでの血液検査の場合です。

保険適用になるか、ならないか、については約款などを見ると記載があるので、予め確認しておく必要があります。

ペット保険を探そう!