コラム

ペット保険で起こりやすいトラブル

ペットの医療費は想像以上にかさむ、保険に加入しておけば安心という風潮が高まる中で、加入にあたってきちんと内容を確認しないまま手続きを進めてしまう方も増えています。提示される規約は最後まできちんと目を通し、不明な点、不安な点は事前に解消をしましょう。ここでは比較的多くみられる保険に関するトラブルをご紹介させていただきます。

ペット保険で起こりやすいトラブル

意外に多い治療費支払い方法の誤解

ペット保険はここ数年で飛躍的に取り扱い企業が増え、商品数も膨大になってきています。中には

  • 月額保険料数百円
  • 何歳でも加入OK
  • 治療費全額補償

など飼い主として嬉しい、頼りになると思わず感心してしまうサービスも増えています。
その一方でメインとなるキャッチコピーにだけ関心が奪われてしまい、詳細を確認してなかったことで様々なトラブルも増えています。

中でも、治療費の支払いに関するトラブルは非常に多くみられます。
ペット保険における治療費の支払いには、大きく分けて下記の種類があります。

  • 病院窓口で加入者証を提示すると、病院から保険会社へ直接請求がされるもの
    (つまり窓口で飼い主が支払う必要がないという契約です)
  • 窓口で一旦飼い主が支払い、その後飼い主が保険会社へ請求をするもの

この2つの差はとても大きな意味を持ちます。
例えば突然の交通事故で緊急対応、外科的手術が必要になった場合、その治療費の支払いに30万円、50万円という請求が生じることもあります。
大抵の動物病院ではクレジットカード決済が可能ですが、その場合であっても数十万円もの支払いには躊躇してしまうでしょう。
クレジットカード
後日、保険会社からの補償があり、振り込みがされる場合であっても、突然の事に様々なことを考えてしまうものです。
もちろん現金で支払いともなれば、なおの事でしょう。
つまり窓口での立て替え払いがあるかどうかはとても大切な確認事項と言えるでしょう。

また癌など長期にわたる治療が必要な病気の場合、都度立て替え払いを行う必要がある場合、保険会社からの入金サイクルの都合で、費用の工面が難しいと感じる場合もあります。

支払いの面では、窓口で飼い主の支払いがなく、病院と保険会社とで直接のやり取りを行ってもらえる方法が最もスマートですが、この場合も注意は必要です。この支払方法を適用するためには、あらかじめ病院側が該当のペット保険と提携、契約を結んでいる必要があります。
保険会社側も無条件で支払いを引き受けてくれるわけではありませんから、病院を利用する際にペット保険を利用予定の場合は、

  • 加入病院であること
  • 窓口での立て替え払いが必要ないこと

をあらかじめ確認しておきましょう。
特に旅行やレジャー先で突然現地の動物病院を利用する必要が生じた時は、事前の確認を必ず行い、万が一取り扱い病院が不明な場合は、保険会社の相談窓口、HPなどで確認をしましょう。

補償内容の勘違いには要注意

ペット保険には各会社が定める補償対象となる条件があります。
具体的な病名が記載されているケースと獣医師の診断に基づくという条件が付与されているケースとがありますが、どのような場合でもあらかじめ規約で定められている場合に限り補償を受けることが出来るという条件です。

その為、安易に先進治療やまだ治験段階の方法や薬剤、漢方など民間療法と区分される治療法などを受け入れてしまうと、場合によっては治療費の全額ではなく、一部のみの補償となることもあります。
また飼い主は医療行為だと思っていた手法が、保険会社の規約では対象外、予防行為とみなされる場合もあるので、治療にあたっては獣医師、保険会社としっかりと相談をし、書面、規約でその旨を確認することが必要です。

保険証の紛失、不携帯は要注意

ペット保険に加入した場合、加入を証明するための加入者証、保険証、IDなどが付与されます。
動物病院を受診する際は必ずこの証明書を持参しましょう。
この時多いトラブルは旅行やレジャーの際に加入者証を持参しておらず、保険加入を証明できないことで、診断書や保険金請求書の書面作成に手間がかかった、医療費の立て替え払いが必要になったというケースです。

旅先でも思いもよらぬ病気や事故が起こることもあります。愛犬、愛猫を連れ外出をするときは常に身分証明書替わりになる加入者証、証明書を持参しておくと安心です。
また万が一紛失してしまった場合は、すぐに保険会社へ連絡をして紛失届、再発行の手続きを済ませましょう。

加入後は、申し出がない限り、自動継続になっている場合も

ペット保険の契約に関して比較的増加傾向にある内容に契約の継続、解約に関する内容があります。
例えばペットショップで子犬を購入し、同時にペット保険に加入した場合

  • 生涯継続だと思っていた(自動継続)
  • 一定期間で自動的に解約されると思っていた
  • その場で加入はしたものの、やはり解約をしたい
  • その場では加入をしなかったものの、後日同条件で加入をしたい

などという内容です。
最近は保険料の支払いをクレジットカードで設定されている方が多いことから、つい確認を怠りがちで、自動継続や解約に気が付かないという方も増えています。

本を読む犬ペット保険に加入する際は、加入期間、保険料の金額をしっかりと確認しましょう。
合わせて自動継続かもしくは一定期間で解約となり、自身で継続手続きが必要になるのかも確認を済ませておきましょう。

自動継続になっている場合、愛犬が死亡した場合、飼い主自らが申告をしなければ保険料が引き落とし続いてしまう事もあります。

ペッショップが仲介者となり、子犬、子猫、小動物の販売時に加入を推奨しているペット保険の中には、

  • 購入と同時でなければ加入が出来ないもの
  • 一定期間の途中解約ができない
  • 加入期間中の保険料は一括払い

などの条件が付く場合もあります。
これは、まだ生後間もない生体を販売することで、環境の変化における体調不良を予測しての対策という意味合いがあり、一般に向け販売されている保険と補償内容が異なる場合があるためです。
自宅で生活を始めてみて

  • 想像以上に手間がかかる
  • 食欲が不振
  • 下痢、嘔吐がある
  • 咳、鼻水がある

などの症状が現れてから、後日同条件での加入を申し出ても、同条件では加入が出来ず、一般向けの商品での契約となることもあるので、販売時にきちんと加入に向けた検討をしましょう。

トラブルの大半は思い込み、勘違いが原因です

ペット保険は基本的には高額になりがちなペットの医療費をカバーし、飼い主の不安や負担を軽減してくれる頼りになるサービスです。
ただ一方で様々なトラブルが増加しているという事は、加入時の説明不足、規約の難解さ、仕組みの複雑さなども関係しているといえます。
ペット保険を安心して、有意義に活用するためには加入者である飼い主自身がしっかりと内容を確認し、誤解や思い込みのない様にペット保険を利用することが大切です。
加入にあたって不安に思う事、理解しにくいと思う事があれば、そのままにせずに取り扱い保険会社へ問い合わせをし、きちんと解消をしておきましょう。
トラブルが多いという評判に惑わされずに、自身にあった保険サービスを見つけるよう心がけましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加