コラム

トイ・プードルがかかりやすい病気3選

この記事は2016年8月24日の記事を再編集しました。

小型犬のトイ・プードルは、小さな身体に全身を覆う特徴的な被毛が名前の通り玩具のようでとてもかわいらしく、最も人気のある犬種です。
しかし、このかわいらしい特徴が原因でかかりやすい病気もあります。病気によっては治療に時間を要するものもありますが、多くの場合は日常的なケアを心掛けることで十分に予防できるものでもあります。

今回はトイ・プードルがかかりやすい病気について紹介します。

トイ・プードルがかかりやすい病気3選

白内障と緑内障

トイ・プードルはとてもデリケートなので、他の犬種と比べてもかかりやすい病気が複数あります。白内障と緑内障といった目の病気もトイ・プードルがかかりやすい病気です。

白内障

白内障は目の水晶体が白色または黄白色に曇ってしまうことで発症します。

白内障の原因は主に加齢と言われていますが、トイ・プードルに関しては年齢とは関係なく、子犬からシニア期まで全ての年代で発症する可能性がある病気です。そのため、子犬の頃から警戒しておきたい病気の一つと言えます。

緑内障

緑内障は眼圧の上昇によって網膜や視神経が圧迫されることによって資格障害が起こります。

トイ・プードルは緑内障が進行してから判明することが多く、嘔吐や食欲不振等の症状が続き、病院を受診した際に見つかるケースが多いです。

動物病院で定期健診を受けていれば早期発見することにも繋がりますので、日頃から警戒するように心掛けましょう。

外耳炎

トイ・プードルをはじめ、垂れ耳の犬種によく見られるのが外耳炎です。耳が垂れていると外気に触れることができなく蒸れやすいため、雑菌が入り込んでしまうと繁殖しやすく炎症を起こしてしまいます。梅雨時期から秋頃までは、湿度が高いので特に発症しやすいです。
耳をしきりに痒そうにしていたり、首を振る動作が目立つ場合は外耳炎である可能性を疑いましょう。

ケア方法

外耳炎は日常的なケアをきちんとしておくことで十分に防ぐことができる病気です。ケア方法は以下です。

  • 定期的に耳の中に空気を通す
  • 耳掃除をして雑菌の繁殖を防ぐ
  • 耳の中の毛を抜いて、蒸れやすい環境を改善する
  • もし愛犬が耳を持ち上げられることを嫌がる場合には、寝ている間にそっと耳を起こしてあげるだけでも空気が通り予防効果を得られます。

    膝蓋骨脱臼

    トイプードル膝蓋骨脱臼はトイ・プードルに限らず、小型犬が最も起こしやすい後ろ足の膝のお皿が外れてしまう病気(怪我)です。トイ・プードルは骨の構造上膝蓋骨脱臼を起こしやすく、全体の半数に近い個体に発症すると言われています。

    膝蓋骨脱臼は癖になりやすく何度も脱臼を起こしてしまうこともあり、再発防止のためには手術が必要となりますが、高額な治療費が発生してしまうケースもあります。

    先天性は発育時の骨格形成異常、後天性はフローリング等で滑ってしまったり、高いところから落下したりすることが原因となるのが大半を占めています。

    フローリングの床はコルクマットを敷く等して滑りにくくなるよう工夫をしてあげましょう。また、高さのあるところは床との間に台を設置して階段のようにしてあげましょう。上り下りの負担が軽減されます。
    このような対策を少ししてあげるだけでも、ある程度予防をすることができます。

    また、体重増加も膝蓋骨脱臼を起こす原因になります。日頃から適度な運動ができるようにし、肥満防止に努めることも重要です。運動をさせる上では筋肉の成長を促すビタミンEを多く含む食事を取らせると予防により効果的です。

    その他の病気

    くるくるした被毛が特徴的なトイ・プードルですが、それが原因となりアトピー性皮膚炎や膿皮症等の皮膚病にかかりやすいので、適度なブラッシングやトリミングを行うこと、定期健診を病院で受けることが大切です。

    小型犬に多く見られる気管虚脱やクッシング症候群は、繰り返し再発するリスクがあり、最悪の場合は糖尿病等の重篤な病気を併発する恐れもあります。もしも重篤な病気が再発してしまった場合には、動物病院で専門的な治療を継続して受ける必要があります。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加