コラム

小型犬は注意!「膝蓋骨脱臼」

小型犬に多いと言われる「膝蓋骨脱臼」の、膝蓋骨とは、後ろ足の膝のお皿のことを指しています。膝のお皿が溝から外れ、後ろ足が正常に機能しなくなる状態を「膝蓋骨脱臼」と言います。

今回は小型犬が起こしやすい「膝蓋骨脱臼」についてのお話です。

小型犬は注意!「膝蓋骨脱臼」

膝蓋骨脱臼とは

卵のような形をしている膝蓋骨は、じん帯に包まれ、大腿骨の溝にはまっているのが通常の状態です。膝の曲げ伸ばしだけでなく、足への衝撃をやわらげるクッションのような役割もあり、とても重要な体の一部です。

この膝蓋骨が、大腿骨の溝から外れてしまう状態を「膝蓋骨脱臼」と言います。

膝蓋骨脱臼は、脱臼の仕方によって2種類に分かれます。膝蓋骨が体の内側に外れる「内方脱臼」と、外側に外れる「外方脱臼」です。
小型犬は、内方脱臼の症状が多くみられます。

膝蓋骨脱臼はなぜ起こりやすいのか

近年、「室内犬」と呼ばれる、基本的に家の中で生活をする犬が増えています。また、生活環境の変化によって、主に家の床はフローリングであることが多く、段差の多い住まいが増えてきています。

あまり意識されていないことが多いようですが、元々犬は関節が弱い動物です。そのため、滑りやすいフローリングの床や段差の多い住まいでは、外で生活をするよりも膝への負担が大きく、膝蓋骨脱臼に繋がるケースが多くなっているのです。

膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種

トイ・プードル、ポメラニアン、柴犬、ヨークシャーテリアが代表的です。ほとんどの場合、内方脱臼のケースがみられます。

膝蓋骨脱臼の原因と症状

膝蓋骨脱臼には、先天性と後天性のものがあります。中でも、先天的に由来することが多く、加齢と共に症状が進行していくのが大きな特徴です。
また、先天性の場合は小型犬のみならず、他の犬種でも起こりえる可能性があります。

原因

先天性の膝蓋骨脱臼は、生まれたときから膝蓋骨がおさまる大腿骨の溝が浅く、骨が外れやすい状態となっています。他にも、膝関節周辺の筋肉や骨の形に異常がある場合、膝蓋骨を包んでいるじん帯の異常があり、これが脱臼の原因となります。

一方、後天性の膝蓋骨脱臼は、フローリングで滑ってしまったり、ソファから飛び降りたときの落下や、打撲が起因することがほとんどです。

症状

分類に関係なく、膝蓋骨脱臼が起こると、犬の歩き方に変化が表れます。片足を上げたまま歩いたり、スキップのような走り方をしたり、安静時でも足が曲がっているように見えるような症状が特徴的です。

犬自身が違和感を感じているだけで、まだ痛みを感じていない状態ということもあるので、少しの変化も見逃さないように注意することが大切です。

膝蓋骨脱臼の予防対策

膝蓋骨脱臼の予防の第一歩は、犬は関節が弱い動物であることを意識して生活をすることです。まずは、日常生活の上で、愛犬の足に負担がかからないようにすることを注意しましょう。

  • 体重管理
  • 特に注意したいのは、犬の体重です。過度な肥満状態になると、それだけでも関節への負担が大きくなり、脱臼しやすくなります。

    まず、食事管理を今一度振り返り、余分な食事やおやつは控えるように心掛けましょう。そして、適切な運動をさせることがダイエットにも繋がります。日々の散歩やおもちゃを使って遊ぶことも良いですが、ドッグラン等で思い切り走り回ることができるようにしてあげるのもおすすめです。

  • フローリングを避ける
  • フローリングの床は滑りやすく、関節へ負担をかけてしまうため、愛犬が生活する空間は一部カーペットやコルクマットを敷き、関節への負担をやわらげる工夫をするのも予防対策の一つです。

    ソファのような高さがあるところから飛び降りることが脱臼に繋がることもあります。もしソファの上に乗せるようなことがある場合には、ソファと床の間にもう一段、台になるようなものを置いてあげると良いでしょう。

  • その他
  • 関節に対して栄養補助をしたり、関節炎等の痛み症状を緩和してくれる役割を持つサプリメントもいくつか販売されています。
    使用する場合には、事前に専門店や動物病院で相談をしてみるのがおすすめです。

おわりに

病気やケガというものは、早期発見してあげることで、その後の愛犬の一生が大きく変わるものです。

日頃から適度な運動をさせ、肥満にならないように健康的な食生活を意識した生活を送りましょう。そして愛犬とコミュニケーションをしっかり取り、小さな変化も見逃さないようにしましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加