コラム

うさぎの保険は必要?高額になりがちなうさぎの医療費

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

うさぎは被毛のふわふわ具合が気持ちよく室内飼いがしやすいことから、近年ペットして人気が高く、飼育する家庭が増えています。しかし、小動物の中でもうさぎは病気のリスクが高いことが知られています。

うさぎをはじめとする小動物が対応となるペット保険を取り扱う保険会社もありますが、果たしてうさぎに医療費補償型のペット保険は必要なのでしょうか?

うさぎの保険は必要?高額になりがちなうさぎの医療費

思っているより高額なうさぎの医療費

うさぎは清潔な環境を好み、不衛生な環境下ではすぐに病気を発症してしまいます。都市伝説のように語られる「水を飲ませると死んでしまう」というようなことはなく、うさぎは容易に脱水症状を引き起こします。

動物病院うさぎをはじめとする小動物は、少しの体調不良が生死を分けることにもなります。動物病院で治療を受けることで改善することができますが、小動物の医療費は、犬や猫と比べると若干高額になる傾向があります。

たとえば、うさぎがなりやすい骨折や毛球症、ソアホックと呼ばれる足裏の潰瘍には手術による治療が必要となります。小さい体のうさぎでも、手術をするとなると10万円単位で費用が必要となります。さらに検査等を含めると、多額の費用が必要となります。

身近なところでかかりやすいうさぎの病気についてもまとめているので、こちらも併せてご覧ください。

参考記事:うさぎの病気!症状からみる病名、治療方法と保険について

保険料も高い?小動物保険のメリットデメリット

うさぎは体が小さいので、人から見たらほんの少しな体調不良であっても、生死を分ける病気に発展しやすいです。そのため、医療費が想像以上に高額になってしまう可能性があることは、先に触れた通りです。医療費が高額になってしまうことから、万一の時のためにペット保険で医療費を抑える工夫をすることを検討されてみるのはいかがでしょうか。

気になるショウドウブツのペット保険に関するメリットとデメリットについて見てみましょう。

メリット

  • 医療費の何割かを保険会社が負担してくれるので、飼い主が負担すべき医療費を抑えることができる。
  • 通院だけではなく、入院や手術にも対応してくれる保険商品がある。

デメリット

  • 通院、入院、手術、それぞれに補償上限額や日数上限等が設けられている。
  • 保険料が割高なプランが多く、寿命が短い小動物にフルカバーしてくれる保険をかけるのはリスキー。

デメリットもありますが、ペット保険があることで万一うざぎが病気や怪我をした際でも納得できる医療を施すことが可能になります。

備えあれば憂いなし!うさぎにも保険は必要!

「うさぎを購入した金額よりも、医療費のが高額になる」という本末転倒な展開は飼い主さんであれば、誰もが避けたいことです。もちろん飼い主さんがうさぎの健康に気をつけて飼育をすることができていても、病気は突然起こるものです。
うさぎの看護婦
たとえば、長毛種のうさぎがかかりやすい毛球症やフローリングの床を飛び跳ねたことで起こるリスクの高い骨折は、予防対策をしていても絶対に避けることができるわけではありません。当然、治癒には手術も必要となってきますし、体調を崩しやすいために通院の必要も出てくることでしょう。

保険料が高く、毎月の負担が大変に感じるとしても、突然の手術費用の出費を考えると「保険」の意味を理解できると思います。

うさぎの寿命は5年程と言われていますが、適切な環境で飼育をすれば10年近く生きることもできます。大事なペットだからこそ、保険を検討されることをおすすめします。

まとめ

うさぎはちょっとした環境の変化でも体調を崩しやすい繊細な動物です。治療をする場合には、いくら小動物とはいえ手術を伴うこともあり、そうなると医療費は高額になります。

費用対効果を考えるとペット保険に加入することがリスキーに捉えられがちですが、手を掛けるほどうさぎは長生きをしてくれます。
ペット保険で備えることで、入院や手術時の大きな出費もカバーできるので、安心した毎日を過ごすことができると思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加