コラム

うさぎの病気!症状からみる病名、治療方法と保険について

この記事は2017年1月25日の記事を再編集しました。

ペットは病気になっても”健康なフリ“をすることは有名ですよね。中でも、うさぎはその傾向が顕著です。具合が悪そうと気付いたときには、重篤な症状になっていたということを避けるためにも、普段からのちょっとした変化を見逃さないことが大切です。

今回は、うさぎのちょっとした変化からみる、病名とその治療方法などについてのお話です。

■目次
1 こんな症状は要注意!その病名とは?
◆涙目、よだれ、歯ぎしり
  ∟ 不正咬合(ふせいこうごう)
◆便秘もしくは量が少ない、食欲不振、歯ぎしり、動かなくなる
  ∟ 毛球症(もうきゅうしょう)
◆耳が赤くぐったりしている・よだれが出る・呼吸が荒い・痙攣している
  ∟ 熱中症
◆下痢、体重が減る、脱水する
  ∟ コクシジウム症
  ∟ クロストリジウム症
  ∟ 大腸菌症
◆斜頸(しゃけい/頭が傾いて斜めになること)
  ∟ パスツレラ感染による中・内耳炎
  ∟ エンセファリトゾーン病
◆いぼができる、しこりがある、毛が抜ける
  ∟ 皮膚病
  ∟ 腫瘍
◆膣から血液のような分泌物が出る・血尿・乳頭が腫れる
  ∟ 子宮ガン
2 うさぎの治療費はどのくらいかかる?
3 うさぎのペット保険と加入条件

うさぎの病気!症状からみる病名、治療方法と保険について

こんな症状は要注意!その病名とは?

ひとつの症状だけでは、その病名を知ることは難しいかもしれません。けれど、ほとんどの場合、重複して何らかの症状が出ています。うさぎがなりやすい病名を、その症状別に紹介します。

涙目、よだれ、歯ぎしり

不正咬合(ふせいこうごう)

歯が変な方向に伸びてしまったり、異常に長くなりすぎたりすることで、噛み合わせが上手くいかない状態のことを不正咬合といいます。口の中を傷つけてしまうことで、他の病気の原因になることもあります。
併発しやすい病気として、皮膚炎・結膜炎・毛球症(消化管うっ滞)があげられます。

  • 原因
  • 不正咬合は、切歯のものと、臼歯(きゅうし)のものに分けられます。
    切歯の場合は、切歯がどんどん伸び続け、上の歯が内側に丸まって、下の歯は前に飛び出してしまいます。ケージをかじる癖や、落下事故、遺伝などが原因となります。
    また、臼歯の場合は、上の歯が頬に向かって伸び、下の歯が舌に向かって伸びてしまいます。臼歯(奥歯)で食べ物をすり潰すことが少ないことや、カルシウムの代謝が上手くいかないこと、栄養が偏っていること、遺伝などが原因となります。

  • 治療方法
  • 歯の研磨や高さを調整するためのカット、場合によっては抜歯をします。その後は、歯を摩耗させるようなフードや固めの牧草などを与えて改善を図ります。治療後、抗生物質を処方されることもあります。

  • 予防方法
  • 日頃から歯をすり減らすことができるように、十分に繊維質を含む牧草を主食にするのがおすすめです。

便秘もしくは量が少ない、食欲不振、歯ぎしり、動かなくなる

毛球症(もうきゅうしょう)

毛繕いなどで体を舐めることで飲み込んでしまった被毛は、通常フンと一緒に排出されます。しかし、排出がされずに胃腸に毛が溜まってしまい、胃腸の働きが低下する病気です。毛球症は、高齢のうさぎがかかりやすい病気でもあります。

うさぎの病気の中でも致死率が高く、重篤になると外科的手術しか手立てがなくなりますので、早めの対処が大切です。

  • 原因
  • 繊維質の不足、異物の飲み込み、デンプン質の摂りすぎ、運動不足やストレスが原因で、胃腸の働きが低下することで起こります。
    毛を飲み込んだことが原因で胃腸の働きが低下した場合、毛球症と呼ばれます。他の原因で胃腸の働きが低下した場合は、消化管うっ滞と呼ばれます。

  • 治療方法
  • 毛球症は程度によって治療方法が異なります。
    まず内科治療として、お腹をマッサージし、胃腸のガスを消し、胃腸の中のものを柔らかくうる、消化器官の運動を活発にするために、薬を投与し改善を図ります。
    内科治療で解消されない場合、重篤な場合には、外科手術を行い取り除くこととなります。

  • 他に見られる症状
  • 水をよく飲む・おなかが張っている・体重が減る・動かなくなる

  • 予防方法
  • チモシーなど、栄養豊富で消化に良いとされる牧草を食事で与えるようにしましょう。また、適度な運動や毛繕いの際に毛を飲み込んでしまわないように日頃からのブラッシングを心掛けましょう。

耳が赤くなりぐったりしている・よだれが出る・呼吸が荒い・痙攣を起こしている

熱中症

うさぎは暑さに弱く、熱中症になりやすい動物です。熱中症と思われる症状が見られたら、冷たいタオルで耳やあごなどを冷やし、すぐに動物病院を受診しましょう。
しかし、急激に冷やしてしまうことは良くありませんので、氷水ではなく、水道水で対応しましょう。

主な症状の他にも、下痢やくしゃみ、鼻水が出る、首が傾く、ふらつくなどの症状がみられる場合は危険な状態であることが多々あります。

  • 治療方法
  • 主に輸液療法などで行います。

  • 予防方法
  • 適切な温度(20~28℃)と湿度(40~60%)を保ち、風通しが良く、直射日光の当たらない場所にケージを置くようにしましょう。飼育スペースは清潔に保ち、手足を伸ばせる広さは確保するようにしましょう。

    牧草を主食として与え、ストレスを与えないよう適度な運動をさせ、日頃からスキンシップを大切にしましょう。

下痢、体重が減る、脱水する

コクシジウム症

コクシジウム症とは、コクシジウム原虫が腸管に寄生することで起こる病気です。大きくは、腸コクシジウム症と肝コクシジウム症に分けられ前者の主な症状は下痢です。後者は、より強い症状が出ることが多く、激しい下痢の他、黄疸・腹水が溜まるなどの症状が併発し、重篤になることがあります。

  • 治療方法
  • サルファ系抗原虫薬(スルファジメトキシン、スルファメトキサゾール-トリメトプリム等)によって駆虫し、輸血等によって脱水や体重減少等の症状を軽減させる治療(支持療法)を行います。

クロストリジウム症

クロストリジウム菌という菌は、正常なうさぎの腸内に常駐していますが、何らか原因でバランスが崩れ、異常に菌が増えてしまうことによって毒素が作り出され、それが血液などを通して、全身に回ってしまう病気です。

  • 治療方法
  • 脱水予防のために点滴を行い、胃腸の働きを良くし、細菌を減らす等の効果がある薬を投与します。また、痛みがある場合には鎮静剤等を使用しながら、腸内細菌バランスを整えます。

大腸菌症

不衛生な器や餌を食べたり、食物繊維の少ない食事が続いたり、不適切な抗生物質の投与などにより発症することがあります。腸内細菌バランスの不安定な離乳期以前の子うさぎはかかりやすく、また、重篤になることも多いので注意が必要です。

  • 治療方法
  • 大腸菌に効果の期待できる、ニューキノロン系の抗生物質を投与することで改善します。その後は、うさぎの食・住環境を衛生的に保つ、繊維質の多いフードにする、ストレスを与えないなど、環境を整えることで再発を防ぎます。

斜頸(しゃけい/頭が傾いて斜めになること)

パスツレラ感染による中・内耳炎

パスツレラ菌が感染したことにより中・内耳に炎症が起こると、斜頚することがあります。この場合の多くは斜頚と同時期か前に、くしゃみ(スナッフル)の症状が出ます。また、この菌が全身に広がると肺炎や腹膜炎などを発症し、重篤になる場合もあります。

  • 治療方法
  • 耳内を洗浄(鼓膜を切開して、生理食塩水等で洗う)して清潔を保つと同時に、抗生物質や抗菌薬の投与、また、炎症を抑える抗炎症剤等を用いて治療します。

エンセファリトゾーン病

エンセファリトゾーンは寄生虫で、感染することにより脳炎を引き起こします。感染すると斜頚だけでなく、痙攣や麻痺、白内障や腎炎、成長不良などあらゆる症状が出ます。腎不全を発症することも多いので、早期発見することが重要です。

  • 治療方法
  • 駆虫薬の投与をはじめ、副腎皮質ステロイド製剤・抗菌剤・抗生物質などを症状に合わせて使用します。また、重症の場合は起き上がることが出来ないこともあるため、強制給餌や輸液なども併用して行います。

いぼができる、しこりがある、毛が抜ける

皮膚病

細菌や寄生虫(ダニ等)、栄養の偏りやホルモンバランスの影響など、様々な要因で皮膚に炎症が起こると、毛が抜けたり、いぼやしこりができたりすることもあります。放置しておくと、爛(ただ)れたり、かゆみなどを伴う場合にはそこを掻いたりすることで、さらにひどくなることもあります。

  • 治療方法
  • 細菌や寄生虫が原因の場合は、駆虫薬を使用します。床ずれ(褥瘡/じょくそう)の場合には、程度によって包帯などで患部を保護します。ストレスの場合は環境改善に並行して、かゆみ止めや痛み止めを使用することもあります。また、全ての場合に抗生物質を使用することがあります。

腫瘍

良性と悪性(ガン)の場合があります。腫瘍の場合、表面的な脱毛やいぼ以外に、触ってみるとしこり等を感じることもあります。どちらにしても、一度獣医に見せたほうが安心です。最近になってできた、大きくなってきた等の変化が見られる場合には特に注意してください。

  • 治療方法
  • 良性の場合は、すぐに手術をせずに経過観察することもあります。悪性腫瘍やいぼやしこりが急速に大きくなっている場合などは、外科手術をして取り除きます。

膣から血液のような分泌物が出る・血尿・乳頭が腫れる

子宮ガン

ガンの中でも特にうさぎがなりやすいガンです。3歳以上になったら注意が必要です。
人間同様、早期発見が大切なので症状を見逃さないように注意しましょう。
避妊手術をしておくと、予防となります。

  • 治療方法
  • 主に外科手術にて治療をします。

うさぎの治療費はどのくらいかかる?

ペットが病気になった時の治療費は、初めてであればなおさら予想ができなく心配になると思います。調べてみても具体的な数字を見つけることができないとモヤモヤしてしまいますよね。インターネットで調べてみて、明確な数字が出てこなく不満に感じることもあると思います。

うさぎ
実は、動物病院は全て自由診療となるため、制度として自由に治療費を決めて良いこととなっている反面、公正取引委員会によって基準を定めることが禁止されているのです。
そのため、動物病院によって治療費の料金が異なり、幅のある設定になっているのです。

たとえば、初診料にしても、500円~2000円位と幅があります。痛み止めや抗生物質の注射1本も、病院により1000~2500円位と倍以上の差があります。

開腹手術と入院を合わせた費用となると、平均10万円前後であることが多いようです。同じ病気の手術でも、使用する機器が最新のものであるか、従来の物であるか、麻酔の方法、種類、使用薬品、スタッフの人数によっても費用額は変わってきます。

毛球症の手術で10万円程の予算で考えていたら、告げられたのは20万円近くだった…ということも事例としてありました。

こうしたことを考えると、ペットが健康なうちに相性の良い病院を探しておくこと、そしてペット保険で備えておくことがペットのためにも自身のためにも良いと言えそうです。

うさぎのペット保険と加入条件

先述の通り、動物病院は自由診療のため治療費がどのくらいかかるのかという予想が難しいものでもあります。万が一、うさぎが病気になってしまった時にも、ペット保険へ加入しておくと安心です。そこで、加入条件などについても少しまとめてみました。

A社の場合

加入可能な年齢…生後4ヶ月~4歳11ヶ月
その他の条件として…家庭用のペットであること、健康体であること

加入審査があり、保障開始期前に発症した傷病については、再発・後遺症・関連する疾病を含めて保障開始期後も保障対象外とするなどの対応があります。

B社の場合

加入可能な年齢…生後30日~満11歳未満

その他詳細は資料請求によって判明するようですが、いくつかプランがあり、人間の医療保険などと同じように、選ぶ事が可能です。
また、加入審査があり、加入できない場合はその理由を教えてくれるようです。

うさぎを対象としたペット保険を扱っているのは、上記2社が有名です。

ペット保険へ加入しているメリットと言えば、万が一の時に本来100%実費で支払わなければならない高額な医療費の負担軽減になる点です。

筆者の話

私の場合は猫ですが、ペット保険に入っていなかったため、16万円の請求があったこともありました。その時は分割での支払いをお願いし、少しずつ払いましたが、我が家も余裕があったわけではないので大変でした。
以前、うさぎの医療費は猫の場合よりも高いと聞いたことがあります。もちろん病院や病気によっても様々ですが、決して安い金額でないことは確かです。

おわりに

うさぎを飼うには、病院代も含めて一年に10万円ほどの経費を見ておくとよい、という計算をされている方がいました。けれど、それは開腹手術を要するほどの病気にはならないことが前提でした。

こうした金額面での話を知ると、「うさぎは飼いたいけれどいざ病気になったことを考えると躊躇してしまう…。」という声も聞こえて来そうです。けれど、そんな時こそペット保険です。

うさぎの入れるペット保険もあり、通常高齢になると入れないことが多い保険ですが、高齢でも11歳未満なら入れます。これは現在すでにうさぎを飼っている方にも朗報ですよね。

ペットは大切な家族の一員ですし、健やかに長生きして欲しいと願うのは当然だと思います。病気にさせないのも大切ですが、病気になってしまった時に最善を尽くしてあげたいと思います。
どういう形であれ、備えあれば憂いなし。ペットのために貯金をすることもできますが、いざという時の安心のためにも、ペット保険も視野に入れ、自身に合った方法でいざという時のために備えてください。

日本アニマル倶楽部株式会社

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加