コラム

愛犬を喜ばせる遊びや触り方とは?

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

ペットとして人気の高い「犬」は、飼い主自身の上下関係を弁えることができ、愛情を注ぐ程絆が深まり従順になります。飼い主の言葉や感情も理解出来る知能の高さもあり、またその逆で、飼い主側も犬の表情やしぐさによって感情を理解しやすいペットになります。

今回は愛犬との距離をより縮めることが出来るように、犬が喜ぶ遊び方等をまとめました。遊びながら信頼関係をより構築し、今以上に愛犬とのつながりを深めていきましょう。

愛犬を喜ばせる遊びや触り方とは?

愛犬が喜ぶスキンシップとは?

犬は「かまってもらうこと」が何よりも好きで、中でも体を撫でられることを嫌うような犬はほとんどいません。初対面の犬であっても体を撫でてあげれば、それだけで距離を縮めることが可能です。

ただし、犬と信頼関係を構築する前に頭を撫でることは避けましょう。犬は人間の手が目の前に伸びてくることを恐怖に感じることがあります。そのため、触り方が適切ではないと犬の防御反応から「噛みつき・唸る」等の行動をとることが考えられます。

犬と男の子犬に触る時は、頭部を撫でたりせずに、手のひらを上に向けて顔を包むように首筋を撫でたり、背中を優しくなでてあげるようにしましょう。この時名前を呼んだり、話しかけてあげるととても喜びます。

犬を無理に仰向けに寝させて、お腹が見えるようにしようとする方がいますが、この姿勢は服従のポーズになり、犬からすると感情を無視されている、迷惑な行為と受け取られてしまいます。無理なポーズは犬の気持ちを害していることを理解し、服従のポーズは犬の自由に任せるようにしましょう。

やんちゃな子とおとなしい子の喜び方とは

普段遊んでいる時や散歩の時等、初めて出会う犬とのコミュニケーションの取り方を見ていると、愛犬の性格を把握できると思います。
犬の性格は大きく分けて2つあります。どこでも落ち着きなくはしゃぐ、やんちゃな子と引っ込み思案で飼い主以外との人や犬とのコミュニケーションを取ることに躊躇するおとなしい子です。

やんちゃな子

好奇心が旺盛なやんちゃな子は、体全体で喜びを表します。嬉しすぎて尿を漏らす程、はしゃぎまわることもあります。また、その犬にとって嬉しいことの対象である、飼い主や仲間の犬の前で飛び跳ねたり、まとわりつくように周りを歩くこともあるようです。

おとなしい子

おっとりした動きのおとなしい子でも喜びはしっかりと表現します。犬種によって表現していても分かりにくいこともありますが、笑顔を見せたり、尻尾だけを一生懸命振って「嬉しさ」をアピールしています。

動く部位が尻尾だけなので、人間から見ると判断が難しいこともあると思いますが、息づかいが若干荒くなるような体の反応もみられるので、いつも一緒に過ごすことで、愛犬の嬉しい気持ちの感じ取れるようになることでしょう。

また、とても嬉しいことがあれば、おとなしい子でも飛び跳ねたり、普段とは違った行動を見せてくれることがあります。

コミュニケーションで愛犬の健康状態をチェック

健康な状態だからこそ、犬は喜ぶ行為を取ることができます。体調が悪い時には、飼い主の声に応えようと嬉しいことがあった時には、喜ぶ行動をしますが、明らかにいつもとは雰囲気がおかしいと感じると思います。

愛犬の異変は、普段からしっかりコミュニケーションを取っていることで気づくことができます。ご飯を食べる量、道具を使った遊びに没頭するか否か、おとなしい性格の子でも見極めることができることでしょう。

犬の背中をなでる飼い主愛犬の健康状態を把握することは飼い主にとっての最大の責任です。忙しい毎日を過ごしていても、散歩や食事の時間を通して愛犬と向き合い観察しましょう。
一緒に遊ぶ時間も出来るだけ作り、コンディションチェックも行うことで、さらに愛犬との絆を強めることができるでしょう。

まとめ

愛犬と信頼関係を高めていくことはとても大切なことです。信頼関係を築き、主従関係をはっきりさせるためにも大切になるのは「スキンシップ」です。

スキンシップは犬の気持ちを読み取るために欠かす事ができません。犬は不調を感じている時に、飼い主に撫でて欲しい・痛みがあるという気持ちを訴えてくることもあります。
また、愛犬の性格をきちんと把握したり、規則正しい生活をさせるといった、飼い主自身が愛犬の生活をコントロールしてあげることによって、はしゃぎすぎて体調不良を起こすようなトラブルを未然に防ぐことも出来ます。

愛犬との良好な関係を築いておくと、定期的な病院の受診等も容易にできるようになります。
ぜひ、愛犬にとっても快適で楽しい時間を設けてあげて、愛情と信頼で関係を強固なものにしていきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加