コラム

かかりつけ獣医への相談、信頼できる獣医の見つけ方

この記事は2017年2月8日の記事を再編集しました。

街中で「こんなところにも」と思うほどに、動物病院を見かける機会が増えたと感じたことはありませんか?ペットブームの影響もあり、地域によってはコンビニの軒数と動物病院の軒数がほぼ同数、数キロ以内に2~3軒の応物病院があるなど、動物病院がひしめきあっている場所もあります。

犬を飼い始めたことをきっかけに「かかりつけ動物病院」についても考えることでしょう。また、それと同時により高度な医療や専門的治療を求める飼い主さんも増えています。
今回はどのようにかかりつけ獣医を選べばよいのか、そして特定疾患に特化した治療を行う専門病院について紹介します。

かかりつけ獣医への相談、信頼できる獣医の見つけ方

動物病院を選ぶ時に確認したいこと

実は多くの飼い主さんが、子犬の頃に受診した動物病院を愛犬が亡くなるまで主治医として通い続けるというデータがあります。つまり、かかりつけ獣医を見つけることは、いつか迎えるシニア期に十分な医療、飼い主さんの対応を考える上でとても大切なことと言えます。

かかりつけ獣医を選ぶときに確認したいこと

かかりつけ獣医は、以下の点を確認して検討しましょう。

飼い主との会話がスムーズかどうか

飼い主に症状を説明するときに、専門用語を多用せずに、わかりやすい言葉で丁寧に説明をしてくれるかどうか。

飼い主の話をきちんと聞いてくれるかどうか

飼い主が日頃の様子や病状を説明するときに、面倒がらずに丁寧に聞き取ってくれるかどうか。

看護師や関係者への対応が適切かどうか

中には横柄な態度で関係者へ接する獣医もいます。良質な医療には関係者の積極的な協力は欠かせません。

施設が常に清潔で整理整頓されているか

動物の病気は空気感染するものもあります。診察室内は常に清潔で、消毒が行き届いていることが重要です。

固定客がついているかどうか

季節や時間帯による混雑具合の差はあるものの、常にある程度の利用患者がいるかどうか。あまりに患者数が少ない場合、突然の閉院もあるので近隣の評判も参考にしましょう。

診察時間、時間外対応、夜間や救急対応について

診療時間、休診日だけでなく、時間外対応や夜間、救急対応について確認しましょう。なるべく自身の生活スタイルに合っているのが好ましいです。中には、土日休診の病院もあり、平日だけの通院で予定が立つかを検討します。

往診の依頼ができるかどうか

大型犬を飼っている場合、骨折や末期医療の際、愛犬を連れての通院が困難になることもあります。その場合、往診対応を依頼できる病院がよいでしょう。

手術設備、入院設備が整っているかどうか

大型犬を飼っている場合、小規模な病院だと大型犬用の設備が無く、近隣の病院へ紹介、転院となることもあります。愛犬のストレスを最小限に抑えるためにも、事前の確認が必要です。

待合室が十分に広いかどうか

大型犬を飼っている場合、待合室で過ごす十分な広さがあるかどうかを確認しましょう。小規模な場合、大型犬は病院の外や車中で待ち時間を過ごすことがあります。

紹介した事柄以外にも、通院の交通手段も含めて検討しましょう。
もちろん医療費も気がかりの一つではありますが、同じ地域内であれば病院ごとの大きな差異はほぼありません。医療費で病院を選ぶのではなく、獣医師との相性、相談のしやすさ、設備待遇について考えた上で判断をしましょう。

どんな時に獣医へ相談をしたらよいか

犬を飼っている家庭の場合、動物病院へは年に一度のフィラリア予防の時だけ通院するということも多いと思います。愛犬が若く健康なうちは、目立った不調もみられず、動物病院とは疎遠になりがちです。
しかし、犬は1年で人間の8年間に相当するスピードで歳を重ねています。つまり、一見若く健康そうに見えていても、内臓機能や健康面の不調が起きていることもあります。

病気の初期症状や不調のサイン

以下は、一見病気と思えないほどの症状でも、実は何らかの病気の初期症状や不調のサインということがあります。

  • 体に小さなしこりがある
  • 脱毛が目立つ
  • 食欲がない
  • 下痢、軟便の症状が数日~数週間続いている
  • 便に少量の血液が混ざっている
  • 食後に嘔吐する
  • 陰部を舐める回数が多い

明らかに飼い主が「病気」と気が付くほどに症状が出てからでは治療が手遅れになることもあります。病気や不調は、初期の発見であれば手術に至らず、飲み薬で治療できることもあります。
些細な不調、異変でもこまめにかかりつけ獣医に相談をしましょう。

定期検診の必要性

不調や異変があったら病院へ行こうと心掛けていても、実際にはつい先送りになってしまうこと、見逃してしまうこともあります。そのため、多くの動物病院では「定期健康診断(定期検診)」を推奨しています。若く健康なうちは年に一度、シニア期を迎えてからは半年に一度が受診の目安です。

主な検診の内容

以下の簡易検査を受け、病気のサインがないかを確認します。
定期的に受診することで、病気の早期発見、早期治療に結びつきます。

  • 全身の触診
  • 体重測定と食事量の見直し
  • 血液検査
  • 便検査

医者嫌いは早期に克服させる

動物の中には、医者嫌いという性格の子も少なくありません。飼い主以外の人間に慣れていなかったり、動物病院特有のにおいが苦手だったり、注射や治療をされた経験がトラウマになっているなど、その理由は様々です。

しかし、シニアになれば必ず病院のお世話にならなければなりません。そのためにも、以下のことを考え、若く健康なうちから定期的に通院の週間をつけ、獣医師に慣れさせておくとよいでしょう。

  • 通院のたびに過度なストレスを感じないこと
  • スムーズに治療や処置が進むこと
  • 入院をさせても落ち着いて過ごせること

ペットが人見知りや怖がりの場合は、治療の際に少量のおやつを持参し、治療後に獣医師から与えてもらうようにするとよいでしょう。こうすることで、次第にペット自身も獣医師のことを「おやつをくれる人」と認識し、好意を持つようになるからです。

専門治療をしてくれる動物病院

ペットの専門治療をしてくれる動物病院が増えています。犬を基準とし、専門治療をする動物病院を紹介します。

歯科専門病院

ドッグフードが多様化し、若い時期から柔らかい食事やおやつを食べる機械が増え、シニア期に差し掛かる頃には、歯が歯垢や歯石で変色している犬が増えています。また、小型犬を本来の血統よりもさらに小型にするよう繁殖をするブリーダーが増えたことで、生まれながらにして顎の骨格形成異常や乳歯残存などの問題を抱えていることもあります。

このような背景から「歯科」に特化した動物病院があります。日常的な歯垢や歯石の除去処置はもちろん、歯や口内に関する専門的な治療のための機材を揃え、高度な治療を行っています。

犬の歯の治療は、人間のように差し歯や詰め物という対処が難しいため、大抵の場合、抜歯するのが一般的です。しかし、まだ若く健康なうちに抜歯をしてしまうと食生活にも影響を及ぼす上に、常に舌が出た状態で生活をすることになり、喉や気管など、他の病気も併発してしまいます。
歯や口内トラブルが気になった時は、安易に抜歯を行わずに専門医に相談をしましょう。

ガン専門病院

犬のガン発症率は世界的に増加傾向にあります。その理由は、ドッグフードに含まれる添加物や長寿化により生活習慣病に起因するものなど、様々です。発症部位も人間と大差なく、胃ガンや肝臓ガン、喉ガン、皮膚ガンなど多様です。そして、治療方法も手術による患部の摘出、抗ガン剤治療、放射線治療とますます高度になっています。

しかし、病院によってはガン治療に必要な設備の充実度は異なり、放射線治療を施すことのできる病院は限られています。特に、個人病院の場合は利用頻度の少ない専門機材の導入は大変厳しいものです。
そのため、ガン治療に必要な設備を近隣の動物病院が共同で出資し、高度医療専門の医療センターの開業や大学病院との提携などが薦められています。

ガンの初期症状の一つに「しこり」があります。しこりのできる部位は全身で、時には尻尾の先端など、日頃飼い主が触れない部位にできることもあります。ペットのしこりに気が付いたら、たとえ小さなしこりでも見逃さずにすぐに動物病院を受診しましょう。

ペットの種類に特化した病院

治療の分野に関する専門家が進む一方で、ペットの多様化に応じた動物の種類ごとの専門病院も増えています。

都内では猫の飼育世帯数がここ数年で犬を上回るほどに増えていることから「猫専門」の動物病院の開業が増えています。待合室で犬と同室になることで猫にストレスを与えてしまうという配慮から、施設内は猫以外の動物の受け入れを行いません。
猫専門のトリミングやホテルを併設していることもあります。
また、治療に関しても猫に特化した専門知識を身に付けているので、最先端の治療を受けることができます。

同様に、ハムスターやうさぎなどの小動物に特化した病院や、爬虫類に特化した病院も開業し話題になったこともあります。
これらの分野は臨床データが大変少なく、獣医師自身も専門的な分野に特化した研究、経験が必要とされます。しかし、ペットの多様化により、診察を希望する飼い主が増えていることも事実です。

予防診療のみに特化した病院

動物病院の中には「日常診療」「予防診療」に特化した病院も増えています。手術や入院対応は行わず、健康診断やフィラリア、ノミダニ治療薬の商法、食事の相談などを主に行います。

専門的な機材の導入は行わず、健康診断の結果、手術や精密検査が必要な場合は、提携先の病院を紹介します。このようなスタイルは、ショッピングセンター内で開業している病院やビルテナントで開業している病院に多くみられます。

ペットが若く健康なうちは、動物病院へ通う頻度が年に1~2回ということもあり、病院側も高度な医療設備を設けずに、日常的な予防診療に対応するだけにしているようです。

おわりに

かかりつけ獣医師との付き合いは、ペットが小さい頃から10年以上も続くものです。また、動物病院のあり方も様々に細分化されています。

動物病院へ通院するときのストレスの一つに「待ち時間」が挙げられます。ペットの中には、待合室で待っている間も無駄吠えをしてしまう、落ち着いて座っていることができない子もいて、何かと手を焼くものです。

このような時に、症状や目的によって病院を使い分けるのもよいでしょう。たとえば、犬ならフィラリアやノミダニなどの予防診療はかかりつけ病院を受診し、病気やケガで高度な治療が必要な時は専門医を受診するというのも一つの方法です。

信頼できて、なんでも相談しやすい獣医師をみつけ、ペットの元気な長生き生活をサポートしてあげましょう。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加