コラム

ペットが長生きすることで飼い主が抱える不安・対策

この記事は2017年2月1日の記事を再編集しました。

現在日本で飼育されている犬や猫の平均寿命は、大型犬は10歳以上、小型犬や猫は15歳前後と、この10年程の間に倍近くも延びています。

ペットの長生きは嬉しいことですが、一方で様々な問題、悩みも増えています。
今回はペットの健康や長生きを願う一方で生じる課題への備えについて考えられることをまとめました。

ペットが長生きすることで飼い主が抱える不安・対策

ペットたちが長生きできるようになった

先に触れた通り、犬や猫といったペットたちの寿命はこの10年程の間に2倍近くに延びています。このような変化が起きた理由として考えられるのが、生活環境の変化です。生活環境の変化による長寿は、どんな理由よりも大きく関係しているとされています。

犬小屋数十年前までは、犬は屋外で鎖に繋がれ飼育され、猫は屋内や屋外を自由に出入りする生活が当然とされていました。
しかし、バブル全盛期の頃辺りから小型犬を中心とするペットブームが起き、ペットフードの高品質化や動物関連医療の高度化も進んできました。こうしてペットの生活は大きく変化し、健康で長生きができる環境が整ってきたのです。

ペットも長生きができるようになったことによって問題や悩みも生じています。
以下は一部ですが、こういった問題については日頃から考えておきたいところです。

  • 高額な医療費負担
  • 病院療法食等、特別な食事を必要とした際の飼育費用の増加
  • 寝たきりや痴呆等、介護を必要とする生活
  • 飼い主自身の高齢化、体調不良により飼育継続が困難

高額な医療費負担への備え

近年、人間だけではなく、犬や猫といったペットたちも生活習慣病を発症するようになりました。糖尿病、腎臓疾患、尿路疾患、心臓病等です。さらに、ガンの発生率は年々高まる傾向にあります。

生活習慣に起因する病気の発症はシニア期に入ってからが多く報告されています。年齢や体力的にも回復に時間がかかるため、たびたび通院や高度な治療が必要となってきます。

ペットの治療費は、全額飼い主の負担が当たり前とされており、病気が発症して初めて医療費が高額であることを知り、中には飼育継続が困難と判断をせざるを得ないケースもありました。

ペットも高齢化している中で、将来的に何かしらの病気を発症するということをペットが若く健康なうちから意識し、ペットの医療費を補償してくれる保険への加入を検討しておきましょう。

保険会社「うちの子は大丈夫」「病気のことを知らなかった」「初めての飼育で知識がなかった」という後悔の声が多くあるので、ペットを飼い始めるのと同時に保険については積極的に情報収集するのが良いでしょう。

痴呆や寝たきりは健康的な生活習慣で予防

高齢になったペットの介護によって、飼い主が相当な負担を抱えてしまうということを耳したことはありませんか?場合によっては、半年から数年という長期間にわたって介護が必要となるケースもあり、飼い主自身が心身共に疲弊し、飼育が困難からペットを手放してしまうこともあります。

ペットの痴呆には「治療」という方法はありません。スムーズな生活が送れるように工夫や対処をして乗り切るしか方法がないのです。

もしものことを考えると、シニア期に入ってからも健康で元気に過ごすことができるのが望ましいのは明白です。そのために若い頃から心掛けるべき生活習慣を以下にピックアップしました。

  1. 散歩は毎日行い、朝夕の時間感覚を身に付けさせる
    体内時計を正常に保つことは、痴呆予防に効果的です。
  2. トイレは決められた場所、決められた時間を習慣化させる
    介護において、トイレ問題は何よりの課題です。トイレのしつけをきちんとしておくと、ペットも飼い主も、両方の負担を軽減できます。
  3. メリハリある生活をさせる
    サークル内で単独生活をさせず、極力家族や他のペットと交流をさせ、生活にメリハリを付けましょう。
  4. 食事は決められた時間、場所をルール化する
    食事はペットにとっても一番テンションが上がるタイミングです。シニアになってからも食事を楽しみにすることで日々の生活にハリができます。食事は常に置き餌にすることなく、ルールを決めて与えましょう。

生活にメリハリを付け、生活におけるルールを身に付けさせておくと、シニア期に入ってからでも自然と同じ生活リズムで過ごすことができるものです。毎日同じことを繰り返すことも、痴呆や寝たきりの予防に効果的です。

頼りになるサービスを見つけておく

ペットが若く健康なうちは、動物病院へ行くことが年に1~2回程度、中には生後間もない時期に行ったワクチン接種以降、数年間動物病院を受診していないということも珍しくありません。
トリミングサロンやペットホテルも、若く健康なうちはいつでも便利に利用ができます。しかし、これらのペット関連サービスの多くは「高齢ペット」「病気療養中」「痴呆症」等の場合、利用を断られることも少なくありません。

犬の場合、生涯トリミングが必要である犬種もいます。そして帰省や出張でやむを得ず、高齢ペットを預けなければならないこともあります。
このような時に困らないように、日頃から「利用可能」なペットサービスを調べておきましょう。

  1. 高齢でも引き受けてくれるトリミングサロン
    自宅訪問が可能なトリマーであれば、寝たきりのペットをトリミングしてくれることがあります。
  2. ペットシッターや介護専門家
    飼い主が家を空ける時、高齢ペットへ極力負担を掛けないように、留守宅へ訪問し、世話を代行してくれるサービスを活用しましょう。
    年末年始や長期休み、夜間対応可能なサービスもあるので、予めいくつかリストアップしておくと安心です。
  3. 往診、夜間診療可能な動物病院
    高齢になると急な体調不良が起きることもあります。ペットが自力で歩行することが難しい場合や症状が重い場合は、通院をすることが難しいものです。
    このような事態に備え、往診や夜間診療が可能な動物病院を調べておきましょう。
    事前にペットの状態を連絡しておくことで、応急処置がスムーズに行えます。

愛するペットがいつか迎えるシニア期に備え、日頃から健康的な生活を習慣化し、緊急時にも常に備えておきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加